SAKEアカデミー
by wajowaraku
<   2009年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧
酒の友に
博多の「とどろき酒店」轟木です。

すっかり九州でも寒くなりまして燗酒が美味い季節になりましたが、
最近は常温で飲むのがお気に入り。

ご存知の方も多いかと思いますが「冷や」とは本来常温のこと(近年は
冷蔵庫で冷やしたお酒まで「冷や」と拡大解釈されがちですが)。
時代劇でもお馴染みですね。


暖かくもなく、冷たくもない感覚はなめらかにスルスルのどを滑り落ちる・・・


とにかく気楽なんでお試しください。冷えた状態では見えない個性も出てきて結構ハマります。

*味わいや保管上、常温に向くお酒、向かないお酒があるので酒屋さんに相談しましょう!




ところで今年もたくさんの音源が再発されました。

個人的に今年一番うれしかった再発はコレ。


f0141803_2138443.jpg



入手難でも有名なレコードが、ついにCDで登場。

フランス人ジャズピアニスト、『ジョルジュ・アルヴァニタス・クインテット』の1960年の作品。

ファンキーでスピード感のある粋なピアノ。


いい音楽は色褪せません。「冷や」酒の友にオススメします。
[PR]
by wajowaraku | 2009-12-24 21:41
東京農業大学醸造学科からの実習生
皆さんこんにちは。
今年の酒造りも順調に進んでいます。新酒しぼりたて生原酒も11月に発売しましたので、ぜひ楽しんでみてください。
蔵の中は鑑評会出品酒の酒母がぞくぞくと立っています。
そんな中、12月中旬は恒例の東京農業大学醸造学科からの酒造り研修生がやってきます。
私も農大醸造学科の学生時代、熊本の9号酵母発祥の蔵元「香露」に研修に行き、約2週間みっちりと酒造りを蔵人の皆さんと寝泊まりしながら行った懐かしい思い出です。
南部美人では私が蔵に帰ってきた年から約10年以上研修生を受け入れています。
この実習は授業の一環で行われており、2単位がつくのも特徴です。
実習先は農大醸造学科のOBの蔵や、味噌、醤油の蔵など幅広く行くことができます。
和醸和楽のメンバーの蔵にもちょうど今の時期実習生がきているところもあるはずです。

今回は3名の女子学生が実習に来ています。
南部美人では毎年必ず?女子学生を受け入れております。
女子学生を受け入れられる蔵は非常に少なく、うちのような蔵は重宝されるようです。
今まではあまり酒蔵の娘は来た事が少ないのですが、今回は何と3名中2名が酒蔵の娘です!!
一人は熊本県の「通潤」の蔵元の娘、もう一人は栃木県の「朝日栄」の娘です。
一気に2名の蔵元の娘が来ることも珍しいので、しっかりと指導していこうと思います。

それにしても、二人とも実習生初の「平成生まれ」です。
私も年をとったと思ってしまいました(笑9.
[PR]
by wajowaraku | 2009-12-15 14:13


オフィシャルサイト
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧