SAKEアカデミー
by wajowaraku
<   2011年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧
私達に出来る事・・・
f0141803_952387.jpg


東北太平洋沖地震にて、お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りすると同時に、被災者の皆様がたには心よりお見舞いを申し上げます。 私達、和醸和楽のメンバーも東北・関東に沢山おり、多くの被害を受けた仲間もおりますが先日の西田会長の書き込みにもあります様に気丈に頑張っている様子です。

こんな時、私達が出来る事・・・それはとても小さな事かもしれませんが小さな事でも沢山積み重なれば多きな力になるかも知れません。当店でも店頭にて酒樽を用い募金を募っています

f0141803_9525425.jpg


私が暮らすこの広島も過去には原爆により焼け野原になった過去を持ちますが、国民・県民の皆が力を合わせ現在の様に復興してきました。

現地は西日本に住む私達が思う以上に大変な状況だと思いますが、どうぞ力を合わせ頑張ってください。同じ日本人として私達も出来る限り応援したいと思っています。

f0141803_9524691.jpg


小さな子供達も被災者の皆様の為に街頭でこのように募金を募り頑張っています。

立ち上がれ日本!頑張ろう日本人!

大和屋酒舗 大山晴彦
[PR]
by wajowaraku | 2011-03-18 09:53
一刻も早い復旧復興をお祈り申し上げます
東日本大震災により、被災された皆様、
そのご家族の方々に対しまして、
心よりお見舞い申し上げます。
そして、福島原発に対しましては未だ予断を許さない状況ですが、
一刻も早い復旧復興をお祈り申し上げます。

われわれ和醸和楽は、
全国の日本酒蔵元と酒販店43社が、
日本酒文化の向上を目指すべく啓蒙・普及活動を行うために発足した団体です。
その中には東北地方の酒蔵や酒販店がおり、
規模の違いは有りますが被災者となっております。
蔵は壁がはがれ落ちたり、
店舗の棚が倒れ商品が散乱したりしていました。

しかし、ご安心下さい。
皆元気です。
前向きに、掃除、かたづけに精を出しています。

被災地の方々は、
生死の問題という壁を越え、
今は目の前の現実の問題に直面している状況と思います。
しかし、これからは将来的な不安感と共に
再起へ向けた信じられないパワーで立ち上がってくることと思います。

必ず乗り越えられます。
必ず良くなります。

今は本当に大変かもしれませんが、
明けない夜は有りません。
必ず朝が訪れます。
阪神大震災の時の様に大きな上昇の力が地元から必ず生まれます。

被災の少なかったエリアの方々は、
「とても酒を飲むような気持ちじゃない」
「とても酒を売るような気持ちじゃない」
「とても酒を造るような気持ちじゃない」
という気持ちがあると思います。

しかし、日本の経済が停止したら被災地の方を応援することもできません。
不謹慎だ、自粛しろ、という声が有るかもしれません。
しかし、今こそ、無事だった人間で頑張りましょう。
元気な市場を用意して被災された方々の復活の時を待ちましょう。

今こそ、旨い酒を醸し多くの人に呑んでもらいましょう。
今こそ、地元の方、そして今まで日本酒を愛して下さった方々、
さらには、これからの日本酒ファンとなる【0】な方への今まで以上の
啓蒙活動と最前線での販売活動をしていきましょう。

いつか、この惨劇があらたな日本酒再生のスタートになったと言われるよう、
和をもって醸し、和をもって楽しみましょう。

「和醸和楽」こんな事に負けてはいられません!




和醸和楽
会長 西田 司
[PR]
by wajowaraku | 2011-03-17 18:35
アフィリエイトではありません。
みなさん、こんにちは。唯一の四国メンバー、いつも孤独な「土佐しらぎく」です。
いよいよ季節も春、ここ南国土佐では日中はかなり暖かくなってきました。
今期のお酒造りもいよいよラストスパートです。
f0141803_9255960.jpg

蔵の前の梅の花も散りかけています・・・。

さて、突然ですがみなさんはネットショッピングはよく利用されていますか?
(愚問のような気もしますが)今の御時勢、もう生活の一部となっている人も多いと
思います。
私ももちろんよく利用します。特に冬場の酒造りの期間は社外に出る余裕もなく、
何か蔵内で使えそうなものはないかな~っと時間の節約&ストレス発散&一般
社会の情報収集(笑)をかねて即決衝動買いを行っております。
そんな骨の髄までAmazonっ子の私の最近の白家電購入リスト、知りたくもない
でしょうが下記の様になっております。
f0141803_9412729.jpg

まずは定番?空気清浄機です。三井の寿の井上専務曰く、
「清酒蔵にはプラズマクラスター」なのでその教えに従っております。
そして右が「水フィルター掃除機」です。ユーザーレヴューでは「でかい」、「フィル
ター洗浄にスペースがいる」と、家庭用としては酷評されておりましたが、こちとら
酒蔵、問題ないぜ、と購入。なにより排気が綺麗~、吸引力がすごい~。
うちの蔵は古いコンクリの床ですが大変に重宝しております。あたりの一品です。
f0141803_1082914.jpg

これはスーパー衝動買いです。見た瞬間即決しました。分析室で使っています。
そう、ただの食器乾燥機です。でも縦型です。とにかく使い勝手がいいのよ~奥様。
うまく表現できませんがホントにいいです、これも当たりの一品。
f0141803_10134460.jpg


お次は恥ずかしながら、微妙なものを。(メーカーさんすいません、悪いのは私です)
二つとも、出麹室(できあがった米麹を仕込みに使うまで乾燥、保管しておく場所)
用にと購入。左の掃除機は国産最上級の排気の綺麗さといううたい文句にのせ
られて?・・・排気は本当に綺麗なんだけどね~、ニオイガネ~。でも家庭でお使い
になる分には問題なくってよ奥様。ティッシュフィルターというすぐれもの機能も
ついてますし。
右は乾燥機。通常のものは温風がでるので、気温の高い高知で使うと室温が
えらいことになる日があり、悩んだ末勢いで購入。簡易クーラーというか、
乾燥した冷風がでるのはでるのですが・・・いや、多くは語るまい。

もちろんこれらの影には、無残にも散っていった(経費購入すら認められなかった)
いくつもの戦士たちがいます。(クレームが怖くて紹介できないのが残念です。)

全国の酒蔵の皆様、蔵内で使えるいかした白家電情報をお待ちしております。
(本当にお待ちしております。) 高知県、仙頭酒造場の仙頭でした。
[PR]
by wajowaraku | 2011-03-11 10:38
吟遊館に潜伏です!
おばんです。仙台市は太白区のカネタケ青木商店です。
f0141803_19405973.jpg



本日はお店の紹介、、、、ではなく。


こっちです001.gif

f0141803_1917235.jpg

その名も吟遊館072.gif



店舗真上に八角形でそびえるこのスペースは主に

※ 自分たちが試飲など、きき酒をする。
※ 飲食店様向けに蔵元の方を呼んでの勉強会
※ 主に吟遊会メンバーなどの宿泊
※ みんなで楽しくお酒を飲む!!

と言った感じで使用しております038.gif

ちょっと中へ入ってみましょう003.gif

f0141803_19242951.jpg

真ん中に入ってしまうと世話係に008.gif

f0141803_19264881.jpg

ふすまの向こうにはトイレ、お風呂も完備してます♪

f0141803_19293690.jpg

20名くらいは入れるでしょうかね。

f0141803_19322960.jpg

なまはげのコスプレ??

f0141803_19345281.jpg

泊まった方はお気持ちを斗瓶に入れていきましょう070.gif
しかしほとんど一円玉ですよ007.gif

一円玉の斗瓶取りができることを祈って、、、
以上 青木商店でした058.gif
[PR]
by wajowaraku | 2011-03-04 00:00
みねのメルヘン日誌
いつもありがとうございます。山口県萩の東洋美人の澄川です。当蔵では、酒造り日誌なるものをつけておりますが、今回は酒母担当、峰健祐の日誌をみなさんにご紹介。およそ酒屋男とはいえない、全く師走感ただよわないメルヘンな奴ですが。笑。それでは。1/28(金) 『Once upon a time in China』基本はINだ。ズボンにIN。なるべくならハイウエストがいい。そもそもクールかつスタイリッシュだ。その上、これだとおなかが冷えない。合理的なのである。臓物関係がデリケートな方にぜひおすすめしたい。最強のストロングスタイルだ。余談になるが、昔、夏に空の柄のアロハシャツをINして着てたことから「“インザスカイ”峰」という字名がついた。いかにもキモい髪型にできるかを目指して、高校生の頃は、うしろ髪、一房だけおしり位まで伸ばしていたが、その頃は「チャイニーズ」という字名だった。1/14の日誌の「ちこちゃん」の件があるが、似たようなことを思い出した。昔から僕は冬が苦手で、とゆうのも非常に眠たくなる。
冬眠したくなってしまうのだが、中学生の頃、真冬にあまりに寒くて、学校から家までの帰り道に冬眠したくなった。いくら僕が変温動物といえども、ご近所でのホームレススタイルはよろしくない。という訳で、家まで全力疾走で帰っていたのだが、道中、同級生が声をかけてきた。「なんで走ってるん?」まあ、素朴な疑問だったろう。僕的には「寒くて、眠たいから、早く帰りたいねん。」という事を伝えたかったが、なにぶんこちらは全力でもって疾走中であったので、すれ違い様に「さむたい。」とボソっと残す結果になってしまった。それが冬休み前の出来事だったのだが、3学期、学校へ行くと僕の字名は「サムタイ」になっていた。つまり要約するとこうなる。「サムタイ インザスカイisチャイニーズ」どことなく「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ」的な。「サムタイム・イン・ニューヨークシティ」的な趣きがある。 2/14(月) 『袋吊り』今期初の袋吊り。そこには緊張感が漂う。けれども。社長からこう言われたのである。「11時くらいに首を吊るから、手伝ってくれ。」と。わかります。袋吊りのことだともちろんわかります。ただ言葉の妙と言いますか、一般人からしたら介錯を望んでいるかのようだ。バレンタインということで何やら色々いただいた。アザーッス!
以上、みねの日誌でした。
f0141803_9425712.jpg

[PR]
by wajowaraku | 2011-03-02 09:45


オフィシャルサイト
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧