SAKEアカデミー
by wajowaraku
<   2014年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧
地酒で乾杯
こんにちは。福島県の国権酒造の細井です。
私の住んでいる南会津町では、昨年6月に所謂「乾杯条例」が出来まして、
町内各所で日本酒で乾杯の声が高らかに?聞こえております。
f0141803_9553884.jpg


ご覧のようにプロジェクトも立ち上がりました。

これから、異動・入社の時期が近づいてまいりますが、

前途を祝して日本酒で乾杯!!
[PR]
by wajowaraku | 2014-02-28 10:00
ワインを知り、日本酒を知る。
f0141803_11245040.jpg


かがた屋酒店 直井です。
2013年正月、ワインを勉強する決意をし
ちょうど一年前に今頃からワインスクールに飛び込み
8月筆記試験、9月テイスティング試験、
ギリギリ合格することができました。
ソムリエ、ワインアドバイサー、ワインエキスパートに興味がある方、
この試験は頭の良い悪いではありません。

「気合!」

気合があれば合格。
なければ落ちます。
暗記地獄。笑

葡萄をアルコール発酵させて、ギュッと搾ったのがワイン。
お米をアルコール発酵させて、ギュッと搾ったのが日本酒。

共に醸造酒。

いままで恥ずかしいくらいワインの知識はありませんでした。
ですが、このたび、ワインに触れ、
同じ醸造酒の日本酒と比較できるようになりました。
ワインを知り、日本酒を知る。
日本酒を知り、ワインを知る。
順番はどっちでもいいですが、
両方知り、飲み分けると世界が広がります。
[PR]
by wajowaraku | 2014-02-27 11:36
食べる日本酒
青森県で「田酒」という酒を造っております、西田酒造店の西田です。

この話題、ちょっと時間が過ぎてしまっているので間が抜けた感じですが。
数年前から関西の「ショコラティエ パレドオール」様のご協力で「利き酒ショコラ」というチョコレートのセットをバレンタインデーに向けて毎年発売してもらっています。
これは、日本酒を生地に練り込んだチョコレートで、しかも6種類の日本酒が比べ食べ出来ます。

体質的にお酒が飲めない人も、日本酒が嫌いという方もこれでしたら、間違いなく気に入って頂けるものでしょう。

f0141803_158147.jpg


f0141803_1582624.jpg

[PR]
by wajowaraku | 2014-02-21 15:09
寒の入り
こんにちは
宮城県石巻市
日高見醸造元
(株)平孝酒造の平井です。

間もなく東日本大震災より丸3年を迎えます。
あの日の事を風化させず。
皆様も防災に心掛けて下さい。

 さて、今回は24節気と酒造りについてお話させて頂きます。

24節気の第23~24(小寒から大寒・1月5日頃~1月20日頃)は
一年の中でも、最も寒い時期で、
『寒の入り』とも呼ばれております。

 また、小寒から節分までを『寒の内』と呼び、
『寒の内』の間に汲んだ水を『寒の水』と呼び、

『寒の水』で仕込んだお酒は腐らないと言われておりました。

昔の人は、そう言った事を科学的な根拠からでは無く、
経験値から判断して、後世に伝えて来たのだと、
つくづく感心させられます。

確かに、この時期は微生物の活動が鈍く、
全国の蔵元を眺めても、一年で一番良いお酒を造る所が多く見られます。

当社でもこの時期には鑑評会出品酒の仕込みに入ります。
これから、搾るまでの間、緊張感が続きます。
また、搾ってから火入れして出品まで、手が抜けません。

さあ、今年はどのような結果が待っているのかな?
[PR]
by wajowaraku | 2014-02-12 16:26
新しい日本酒
こんにちは
神戸で酒販店を営んでおります、すみの酒店の花畑S郎です


アンダー30の我々世代にとって『日本酒』といえば、大学の時代に先輩から無理やり飲まされる『二日酔い100%保障のハードな和酒』のイメージがめちゃめちゃ強かった訳です。

そんな『日本酒という選択肢が100%ない』状態から『あれ日本酒良いかな?』的な大きなシンギュラーポイントを迎えたきっかけをすこし書かせて頂きます。

今では最もよく飲む『モダンスタイルの日本酒(果実香を仄かに感じさせつつ味わいはソフトで甘みを伴うお酒)』ですが、正直なところ日本酒嫌いな(興味のない)時は『どれを飲んでも違いが分かりませんでした』。

そんな折に友人から勧められたのは、『日本酒っぽくない日本酒』と言いますか、アバンギャルドで『コレ日本酒なん?』的なお酒。


例えば・・・

スパークリング日本酒

メチャ甘口日本酒

カクテルで割った6度前後の日本酒

などなど・・・


その中でも日本酒を炭酸水(もしくはジンジャーエール)で割って、シュガーコーティングをしたオレンジピールなんかを入れたやつなんかは、今でも忘れる事の出来ない本当に感動的な味わいでした!

もちろん和醸の蔵元さんのお酒は『そのまま』で飲んで頂きたいのですが、『日本酒はちょっと・・・』的な人には思い切って『自分流にアレンジして』飲んで頂くのも、おもしろいと思います。



型にはまらず、フリースタイルで美味しい日本酒を飲みましょう!
[PR]
by wajowaraku | 2014-02-04 17:00


オフィシャルサイト
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧