SAKEアカデミー
by wajowaraku
<   2014年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧
四季と日本酒
秋田県五城目町で「一白水成」という日本酒を醸している渡邉です。

弊蔵26BYも10/14大安からスタートし今週には初しぼりが行えるかと思います。

今期も和醸良酒、蔵人の事故・怪我のないようイイ酒造ってまいります。


さて、

今週末に我ら和醸和楽でもお世話になった靖国神社にて
 「黄葉見酒まつり」というイベントに参加いたします。

そう、黄葉をしながらお酒を飲む。

日本酒の飲み方として古来より春夏秋冬に合わせた飲み方があります。


春には新酒で花見酒。
夏には生貯で七夕酒。
秋にはひやおろしで月見酒。
冬には熱燗で雪見酒。


日本には四季があり、それぞれの季節でお酒と共にお料理も楽しめます。

日本に生まれ、日本人として生まれた以上、これにない楽しみ方はないのでは。


是非、四季を目で感じ、肌で感じ、日本酒で感じてください。



「0杯を1杯に」



一白水成 渡邉康衛

f0141803_1573266.jpg

[PR]
by wajowaraku | 2014-11-25 15:09
ママ友 0~1杯へ
皆様こんにちは。

埼玉県は所沢にあります、こぐれ酒店の古寺と申します。

「0杯~1杯へ」

このテーマについて、先日ありましたプライベートでのお話を。
(私事の規模の小さいお話で申し訳ございません(笑い))

先日の休日に私の娘の通う幼稚園のママ友達を自宅に招いて
食事をする機会(飲み会ですね、はい)がございました。

各自お酒は持ち寄りで、料理は私が担当。。(奥さんは何をしてたっけ?)

子供にご飯を食べさせ、ディ〇ニーのDVDをセット、再生ボタンをオンッ!!
子供の面倒はア〇と雪の女王にお任せ。
2時間強は大人の時間です。

ママ友達の持ってきたお酒はチューハイやビールばかり。
旦那組は私が買ってきた日本酒を開けて飲みましょうという事になりました。

それを見ていた奥さんたちは「日本酒って悪酔いしちゃうよね~」や
「あとが怖いよね~」など、日本酒の敬遠される典型的な文言のオンパレード。
酒屋で働くものとしては屈辱的でした(笑)

すると妻から助け舟が!
「私、日本酒飲まなかったけど、飲んでみるとおいしいよ。
       飲む量もそうだけど、飲み方もあるよね?」
「うちの旦那みたいなおっさんが飲むイメージだけど、
       私なんかもよく飲むよ~。ラベルも可愛いのもいっぱいあるし。」

「おっさん」呼ばわりは余計でしたが、妻の言葉にママ友達は興味深々。

「日本酒、飲んでみる?」私の問いかけにママ友達は頷きました。
グラスに注ぐと、ママ友達はそれぞれ恐る恐る香りを嗅いだ。

「!!!」 「これって日本酒?・・・ですよね?」

グラスを傾ける。
「んん~っ」 「お~いし~っ」

普段日本酒と縁のなかったママ友達の驚いた顔を見て、
私はドヤ顔を決めていたとかいないとか。

その後は少し燗をつけてみたりもしました。
同じお酒でも温度帯の変化でで風味なども変わる事にも驚いていました。

難しい話や、うんちくを省いたせいか、
純粋に日本酒を楽しく味わってもらった気がします。

ア〇と雪の女王も仕事の出来る姉妹で、大人達も楽しい時間を過ごせました。
お開きとなり、皆無事に帰っていきました。

完全にプライベートな出来事ですが、これも何かの縁だと思いました。
これからも彼女達と日本酒の縁が続く事を願います。

そして次の「0杯~1杯」へと続きますように。
[PR]
by wajowaraku | 2014-11-14 08:05


オフィシャルサイト
以前の記事
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧