SAKEアカデミー
by wajowaraku
<   2015年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧
いよいよ大寒の季節となりました
1月も後半戦に入った大寒の季節となりますと、
全国各地の蔵元では大吟醸の酒造り真っ只中ではないでしょうか。

この時期ならではの張り詰めた空間が何ともいえない事を肌で感じます。

今年も和醸和楽のメンバー蔵元一同、
皆さまに喜んでいただける最高の一滴のために昼夜を問わず頑張っております。
春には笑顔で皆さまにお会いできる日を楽しみにしております。

                                      黒龍酒造株式会社
                                           水野 直人
f0141803_148102.jpg

[PR]
by wajowaraku | 2015-01-28 14:26
乾杯条例
みなさま、こんにちは。国権酒造(株)の細井です。
今期は、寒さも厳しくなおかつ、雪が多く大変です。
先日も
氷点下19度
というイタい朝でした。


さて、全国各地で制定され始めております通称「乾杯条例」ですが、我が南会津町でも全国で4番目に制定されました。
今年も新酒のできた来月2月14日(土)に
「地酒の夕べ」
を「地酒で乾杯プロジェクト」の主催で行います。
折しもバレンタインデーではございますが、お近くの方はふるってご参加ください。

f0141803_1151586.jpg


遠方の方も1,500円飲み放題ですので、よろしければお越し下さい。

こんな限界集落にもうちょっとの町でも若者が日本酒を飲んでいます。
0→1→2杯へ。
[PR]
by wajowaraku | 2015-01-28 11:55
新成人の皆様、おめでとうございます!
神奈川県川崎市の「たけくま酒店」宮川です。

今週の月曜日は「成人の日」でしたね。
新成人の皆様、おめでとうございます。
ぜひぜひ「日本酒のある生活」もお楽しみください。

最近、
日本酒の新しい飲み手の方が増えているのを実感でき、
ますます楽しく商売できています。
楽しみ方も様々で大いに結構なのですが、
間違えた楽しみ方をしてしまっては、
結果的に楽しくないことになることもあるかもしれません。

f0141803_16141725.jpg


昨年当店ではご近所の方の力を借りて、
ほとんど日本酒を知らない(でもちょっと興味ある)20~30代の方への、
初心者向けセミナーを2度ほど行いました。
例えば、
日本酒にはいろいろなものが混ざっているという誤解も多く、
こちらも勉強になりました。

日本酒を熱心に扱っている店では、
常連さんだけでなく、
必ず新しい飲み手の方も大切にします。
少し質問すればたくさんのイイ答えが返ってきて正しい方に導いてくれるはずです。
また、人数が集まれば初心者セミナーのようなものを開いてくれるかもしれませんよ。

ぜひぜひドンドン質問、相談して楽しみを増やしてください!!
[PR]
by wajowaraku | 2015-01-17 15:09
日本酒乾杯条例!

こんにちは。寫樂の醸造元、宮泉銘醸株式会社です。



皆さんは、乾杯をするときに、何を飲まれますか?



ビールや、シャンパンをいちばん最初に飲まれるという方が多いとおもいますが、いま、最初の1杯を日本酒で、という乾杯条例が全国の自治体で広がりつつあります。



弊社の地元、会津若松市でも、先日、会津清酒の普及の促進に関する条例が制定され、「会津清酒で乾杯!」セレモニーが開催されました。



f0141803_18215577.jpg




今回のセレモニーでも行ったように、日本酒で乾杯といえばお祝の時に樽酒で鏡開きをして飲むイメージが強い方もいらっしゃると思いますが、
そういったときだけでなく、色々な場面で日本人の心である日本酒で乾杯をしていただくことで、あまり日本酒を飲んだことがない方にも、日本酒を飲むきっかけの1杯になれると思います。



是非、皆様の地域でも、友人同士、会社の宴会、デート等々で、日本酒で乾杯をしてみませんか?




f0141803_18172079.jpg

[PR]
by wajowaraku | 2015-01-09 18:25
2015 あけましておめでとうございます!!!
新年 あけましておめでとうございます。

今年も皆様にとって良い一年でありますように・・・

今期第一回目のブログ担当させて頂くのは広島県で神雷を醸している三輪酒造(株) 三輪です。
どうぞ宜しくお願い致します。

お正月という事で、皆様 おせち料理と共にお屠蘇(おとそ)を召し上がられましたか?
私も今年一年を見渡してゆっくりとおせち料理とお屠蘇を楽しみながらお正月を過ごしております・・・とはいかず、仕込んだ醪のお守りに明け暮れる日々でした。

そんなバタバタとしたお正月を過ごしておりましたが、刻々とその表情を変えてプツプツと音を立てながら発酵していく醪を見ていると、我が子のようにとても愛おしく思えて癒されるものです。

さて、そんな醪の管理に欠かせない道具の一つに「櫂(かい)」があります。

主に醪やお酒を攪拌するために使う道具です。
テレビ等でもよくこの櫂入れをしているシーンが映りますよね^^

弊社で使っている櫂をならべて写真を撮ってみました。

・手前の2本(長い櫂)は醪仕込用で、弊社では容量4,800リットルくらいのタンクで使います。

・そしてその次の2本(短い櫂)は容量600リットル前後のタンクで使う櫂です。

・一番奥の櫂は布を洗う時などに使っている櫂です。
これは木製です。

当然タンクの大きさによって使う「櫂」の長さが違います。

更に言うと手前の2本を比べてもらうと櫂の先の大きさが違うのがわかるかと思います。

仕込の時などまだお米が溶けてない時は先の小さい櫂を使い、醪が進みお米が溶けてきたら先の大きい櫂を使うなど、「櫂」一つ取っても、用途に合わせて使い分けていっています。

蔵それぞれに流儀がありますから一様ではないのですが、このように一つ一つの道具や作業にも先人から受け継いだ知恵があったりして、やはりお酒造りはとても面白い仕事だなと思うのです。

そして皆様に美味しい日本酒が届けられるように日々精進していこうと改めて心に誓ったお正月でした。

今年もどうぞ宜しくお願い致します。

f0141803_1911288.jpg



f0141803_19114381.jpg

[PR]
by wajowaraku | 2015-01-02 19:13


オフィシャルサイト
以前の記事
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧