SAKEアカデミー
by wajowaraku
夏のせい
みなさん、こんにちは。

東京・三鷹市の酒販店、碇屋(いかりや)の杉浦太輔です。


先日、大学生と一緒にお酒を飲む機会がありました。
日本酒に対する印象を聞いてみると、

「ビールやハイボール・カクテルを飲んだ後、テンションをアゲる為に飲むもの」
「酔って盛り上がる為の酒」
「辛くて、美味しくない」
「アルコール度数が高いので、飲むのを躊躇する」
「酔っ払ってしまうので、飲むのが怖い」
「値段が高いので居酒屋では他のお酒を選ぶ」
「一杯の量が多い」
「お酒を飲みに行くところに、置いていない」

なんていう話が出てきました。

これが大学生の総意ではありませんが、
ここ数年日本酒が注目されているので
イメージが向上しているのかなと思っていたのに、
若い方のイメージが
さほど「ポジティブではない」ことに大変驚きました。

でも、日本酒に対して好奇心や憧れも見られたので、
まだまだ日本酒の伝え方の可能性はあるな!と気合いを入れ直しました。


ところで、いよいよ本番です。
今酒屋さんに行くと
「夏の日本酒」(略して“夏酒”)がたくさんあります。
各蔵元が夏に飲む日本酒をイメージして出来た酒ですので、
バリエーションがいっぱい!工夫が凝らされたものとなっています。

例えば
・低めのアルコールで、プハッと
・氷を浮かべて、ロックで!さっぱりと
・スパークリング日本酒でラグジュアリーに
といった、日本酒の新しい概念を作るようなコンセプトのものも多くあります。

また、見た目も涼しげなのもいい!
可愛いらしいラベルもあり、楽しいですよ。



「夏」が日本酒のイメージを変えてくれるかもよ!
夏のせいにして、「日本酒」を楽しみましょー(笑) 古っ


f0141803_030534.jpg
[PR]
# by wajowaraku | 2015-07-18 00:41
0→1運動!おもてなしも♪

f0141803_10292941.jpg
おはようございます!
茨城県の地酒専門店 スドウ酒店の須藤龍太郎です。

先日初めて和醸和楽の総会に父の代理で行かせて頂きました。先輩方の熱い想いに感動し微力ながら頑張っていきます。

さて先日あった出来事をお話したいと思います。先日、お店の近くの居酒屋さんから電話が掛かってきました。言葉が分からないからちょっと助けてくれ!普段は堂々としているオバちゃんなのに凄くオロオロしていたのですぐ行きました。

行ってみると、ドイツの方が3人席に座っていました。僕もオロオロしてしまい、父と叔父に電話を掛けて助けにきてもらいました。

"つくばにサーキットを見に来て、近くのホテルに泊まったら、このお店を紹介された。せっかくだこら日本酒を呑みたい"と訳してもらい

折角のチャンスということで
日本酒とドイツの国と大好きな車の話をしながら酒盛りを始めちゃいました♪
f0141803_10321816.jpg

最後には握手をしてメアドとスカイプの交換をして、必ずドイツに行きます!と約束をして楽しい酒盛りを終了しました。

おもてなしと0→1運動と両方出来た充実した1日でした。これからはオロオロせず世界全国おもてなし&0→1を勧めていきます!

長くなってしまいましたがお酒への愛が伝わればいいかなと思います♪

今日も1日良いお酒ライフを♪

[PR]
# by wajowaraku | 2015-07-03 09:54
【0杯を1杯へ!!!】
皆様!
こんにちわ!!

@熊本 (株)立花 地酒処 たちばな酒店/田尻智也と申します。

大変恐縮ではございますが・・・
先週@東京にて開催された総会の模様を投稿させて頂きます!!!

f0141803_2347394.jpg


会長@福井 黒龍酒造/水野直人社長を筆頭に・・・

大変お忙しい中、皆様貴重なお時間を・・・

日本国中☆東西南北☆全国各地より『オーシャンズ11』ばりに超~~~気合の入った御蔵元様&酒販店様が集結!!!
(くぅ~~~っ!!!)

f0141803_2348583.jpg


時間一杯、ガッツリ熱く、そして真剣に今後の活動内容&コンテンツについて議論!
(会議室内の気温もUP・・・笑)
f0141803_23482289.jpg
f0141803_23484090.jpg


『新体制』にて気持ち新たに組織展開!!
(業界のスペシャリストの先輩方によるFCバルセロナばりの最強の布陣☆)
f0141803_23485985.jpg
f0141803_23491512.jpg
f0141803_2349439.jpg
f0141803_2350153.jpg
f0141803_23534232.jpg

f0141803_23541083.jpg

f0141803_23545934.jpg


懇親会にて、さらに『絆』深め~の!!!
(若人の皆様!造り手の魂と気持ちのこもった『日本酒』は『人と人を繋ぎ、グングンに距離感を縮められる』最高のコミュニケーション☆ツールなんですよ♪)
f0141803_23552146.jpg
f0141803_23554325.jpg
f0141803_2356148.jpg



我らが日本が誇る『国酒』=『日本酒』文化を伝承&育成&発信!!!

今期の【和醸和楽】の啓蒙活動に皆様是非、ご注目&ご期待下さいませ!!!!!!!

自分も微力ながらバシッと業界の先輩方のお手伝いさせて頂き、より素晴らしい【日本酒】の世界を同世代&次世代へアプローチそして構築するためにキ~~~ッチリ汗かかせて頂きます。

押忍っ!!!
[PR]
# by wajowaraku | 2015-06-26 10:00
父の日は日本酒を!
こんにちは!


東京「酒舗まさるや」の園部です。



来週の日曜日は「父の日」です。



日頃の感謝を込めて


お父さんと一緒に旨い日本酒で乾杯しませんか?

f0141803_17184163.jpg


[PR]
# by wajowaraku | 2015-06-14 18:00
第2回!~日本酒めぐり~ちどりあし in 岡山

皆さん、こんにちは!

岡山の酒販店、「ワインと地酒 武田」の武田です。

岡山には日本酒の蔵が多くあります。

美味しい日本酒もたくさんあります。

・・・ですが、岡山県人にも、

それはあまり知られていないような気がしています。

私たちは、

「『岡山』の日本酒」のおいしさを知っていただくため、

「岡山の」日本酒を盛り上げるために、

この度以下のようなイベントの第2回目を行うことに致しました。

f0141803_16514827.jpg

昨年、初めて開催され、

今回は更に、4酒蔵と4軒の飲食店が加わり、

全部で19の蔵と飲食店のタッグで皆様をお待ちしています。

実行委員と学生ボランティアもイベントを盛り上げます。

f0141803_16520221.jpg

「第2回!~日本酒めぐり~ ちどりあし in岡山」

開催日:2015年5月24日(日)

開催時間:13時~19時(までにお並びいただいた方まで)

ちどりあしFBページ

f0141803_16512163.jpg

f0141803_16513249.jpg

岡山の飲食店が、岡山の酒蔵とタッグを組んで(1店舗1蔵)、

自慢のお酒とお料理で皆様の来店をお待ちしています。

参加の証(前売り1000円 当日1500円)を

購入していただくとイベントに参加できます。

f0141803_16523475.jpg


当日は参加店舗と岡山の蔵がタッグを組み、

皆様のお越しをお待ちしています。

参加店舗へ行き、参加の証「ちどり手形」を提示し、

500円キャッシュオンしていただくと、

各店舗自慢のお通しが出てきて、

各蔵元の自慢のお酒が1杯サービスでついてきます。

f0141803_16525108.jpg

もちろん何軒はしごしていただいても構いません。

ちどりあしで昼間から岡山の街で地酒を飲みましょう!

各店舗では各酒蔵さんも皆様をお待ちしています。

是非、色々とお話をしてみてください!

f0141803_16522198.jpg


[PR]
# by wajowaraku | 2015-05-22 09:18
愛してます。くまもとの酒。
皆様!こんにちは!!!

業界☆六年生
熊本 (株)立花 地酒処 たちばな酒店/田尻智也と申します。


毎年恒例、年に一度・・・

『会』の趣旨に賛同された県内/蔵元&問屋&酒販店が『三位一体』となって催すお酒の会が来月催されます♪


★★★~第10回 くまもとの日本酒/本格焼酎を楽しむ会~愛してます。くまもとの酒の夕べ。~★★★


『水の都』熊本には、美味しいお水とお米がございます。
熊本には、またそれを原料とした美味しいお酒がいっぱいございます。
熊本には、日本酒を醸す御蔵元と球磨焼酎を醸す御蔵元があり、それを伝え広める酒販店があり、ご愛顧頂いております御客様がいらっしゃいます。

今年も県産の素敵な原料でできた、素敵なお酒と共に、素敵なお料理と共に存分に楽しんで頂ければ幸いです。

県内各御蔵元様とも意見交換のできる、とっ~ておきのお時間となると思います♪
f0141803_10123824.jpg

是非、皆様の御参加の程、何卒、宜しくお願い申し上げます。


★日時:『2015年6月14日(日)』
 ・受付開始/17:00~(試飲開始/蔵元ブース開放)
 ・開宴/18:00~


★場所:『ANAクラウンプラザ熊本ニュースカイ/2階 ストリングス』
熊本県熊本市中央区東阿弥陀寺町2番地
【http://anacpkumamotonewsky.com/sm/】


★会費:『5000円(税込)』
【※弊店もしくは賛同酒販店店頭にて販売。完全前払いチケット制】


★定員:『500名』
【※定員になり次第締め切らせて頂きます。】


※御興味を持たれた方は、お気軽に弊店まで御電話を!
【096-379-0787】


皆々様の沢山の御参加、心よりお待ち申し上げております!!!
[PR]
# by wajowaraku | 2015-05-15 10:00
新生播州一献!
 こんにちわ。兵庫県で『播州一献』を造っている山陽盃酒造の壺阪です。

 実は私の蔵は、昨年度までは但馬から杜氏さんに季節労働として来ていただいてました。しかし26BYより季節の雇用をやめ、完全年間雇用として社員での生産に切り替えました。

  それに伴い私が製造責任者として指揮をとることとなりました。半年を通じ、これまで感じなかった苦労もありましたが、また大きな喜びもありました。これから先の人生でお酒をあと何十回仕込めるかわかりませんが、年を重ねるごとに課題を見つけ、またそれをクリアできるよう努力する酒造りを心に誓い、酒造りに精進していきます!

 今後、播州一献を飲んで日本酒の見方が変わったと言っていただける酒を目指して頑張ってまいります!!
[PR]
# by wajowaraku | 2015-05-09 06:18
春風駘蕩
皆さんお変わりございませんでしょうか。




食文化豊かな恵みをいただいております、静岡県焼津市の、
磯自慢酒造(株)寺岡洋司でございます。

10月6日に始まりました26BYの酒造りもお陰様で来週ですべて終了いたします。



4月に入り、雨ばかりの毎日でしたが、
やっとこの所、薫香漂う好季節とともに、眩いばかりの日差しがふりそそいでいます。

高級茶で有名な静岡各地では、一番茶の摘み取りに忙しい毎日、
また大井川港(焼津市)由比港から出漁する、桜えび漁も盛んに行われておりまして、
初夏を感じる今日この頃です。

来週からかGWがスタートします。

皆さんどうぞゆっくりお楽しみ下さい。
[PR]
# by wajowaraku | 2015-04-25 09:04
ワインスクールで日本酒を伝える
f0141803_15383179.jpg




品川区小山「かがた屋酒店」直井です。


半年前からワインスクールで日本酒を教える機会をいただいてます。


日頃、日本酒に軸足を置いている方へのお話しすることは多いですが、


ワインに軸足を置いている方へ教えるのは初めて。


それも先生と生徒という関係・・・(^^;


めちゃめちゃ緊張しますが、


とてもいい経験をさせていただてます。


葡萄を原料とする醸造酒、ワイン。


米を原料とする醸造酒、日本酒。


ワインのホームグランドで日本酒講座。


少しでも日本酒の魅力を知っていただけるように


伝える力を磨いていきたいと思います。
[PR]
# by wajowaraku | 2015-04-14 16:16
春はまだまだ。
青森の西田酒造店の西田です。

関東方面では既に散り始めている桜ですが、青森はまだまだ蕾です。


f0141803_1111135.jpg



青森の桜が咲き始めるのは、4月後半です。青森県では桜で有名な弘前公園は、ちょうど4月末からのゴールデンウイークに掛けてが見頃になります。

という訳で、和醸和楽のメンバーでもある弘前の柳田酒店さんが、5月に日本酒のイベントを行います。


f0141803_11191176.jpg



宜しかったら、ご参加下さい。


それと、今月TVに出させて頂きます。こちらの方も宜しかったら、ご覧下さい。

BS11「ウィークリーニュースONZE」
4月12日(日)ごご6時~
特集「アーサー・ビナード 日本人探訪」 第1回 西田司
https://www.youtube.com/watch?v=ZdR0mA-u05g
[PR]
# by wajowaraku | 2015-04-04 11:24
もうすぐお花見の季節です。

こんにちわ。
はせがわ酒店の長谷川です。

東京の桜開花予想は3月23日です。
天候に恵まれれば、2週に渡り週末はお花見日和に
なりますね。

ひと足早く、店頭は春の限定酒で賑わっていますよ。
見た目も鮮やか、爽やかな春の日本酒をお楽しみください。

皆様のお花見が盛り上がるように蔵元、酒販店一同で
精一杯応援しています。

日本酒のお買い求めは、全国の和醸和楽会員店で
お願い致します。

追伸。宣伝です。
5月からイタリアのミラノで万博が開催されます。弊社では
各蔵元様のご協力により「日本館シンボルマーク」を誂えた
記念酒を発売します。いずれも数量限定となりますので、
宜しくお願い致します。
[PR]
# by wajowaraku | 2015-03-20 10:26
甘酒
こんにちは
神戸で酒屋を営んでおります花畑と申します。


花粉症の私にはとてもつらい時期ですが、日に日に温かくなり、春がそこまで近づいてきている感じが嬉しくもある今日この頃です。

この時期になると店先で『甘酒ありますか?』とのご質問を良くお受けいたします。3月3日の桃の節句にちなんでの方も多いかと思いますが、実は甘酒にも2種類ございます。


1.適量の酒粕を水に溶かせて砂糖などで調整する微量のアルコールがある甘酒
2.おかゆに麹を入れて一晩寝かせたノンアルコール(1%未満)の甘酒


桃の節句で飲まれている方はお子様が対象故ほとんどの場合は2番になるかと思いますが、個人的には1番の方の甘酒も是非とも注目していただきたく思っています。

酒が蔵元によって全く異なるように、その副産物である酒粕も蔵元によって随分と風味が異なります。華やかな香のお酒が得意な蔵元さんの酒粕は、同じように思わずうっとりするような果実感が楽しめますし、どっしりとした重厚な味わいのお酒が得意な蔵元さんの酒粕は、その味わいも少し重た目。

そんな個性豊かな酒粕で甘酒に挑戦してみて下さい!とっても美味でヘルシーです。

因みに・・・
甘酒と似て非なる白酒は、『みりんや焼酎などに蒸したもち米や米こうじを仕込み、1ヶ月程度熟成させたもろみを、軽くすりつぶして造った酒のことをいいます。昔からひな祭りなどで供えられ、白く濁り粘りと甘みがあり、アルコール分は9%前後、糖質が45%程度含まれ、酒税法ではリキュール類に分類されています。』(農林水産省HP)だそうです。
[PR]
# by wajowaraku | 2015-03-13 16:35
ラストスパート!!

宝剣酒造 土井鉄です。


思えば昨年9月末、例年より早く咲いた金木犀と共に蔵入りし約6か月、、、

今季の仕込みも残り1か月半となりました。


今季の酒米は昨年の冷夏の影響により、多少硬めで割れやすく麹造りには苦労いたしました。

試行錯誤する中で最高の日本酒を醸す為、「気合」を入れ毎日醸しておりましたが残り1か月半、、、

この1か月半でさらに今季最高の日本酒を醸してやる!

と、私を初め宝剣酒造全蔵人が気合を入れ直しラストスパートをかけました。


私の大好きな桜は仕込が終わる頃には葉桜になっていると思いますが、

仕込が終わる4月13日、蔵人皆で旨い日本酒と旨い料理で花見をする予定です。

その日を楽しみにぶち頑張ります。


仕込が終わったらしばらくゆっくりするぞー!!!


そうそう、前回のブログの時にもお話した記憶がございますが、

広島県呉市は牡蠣の生産量が日本一なんですが、特にこの時期3月の牡蠣はとても大きくて甘く ぶち旨いんですよ!

ぶち旨い牡蠣も今季残り僅か!

是非とも呉の牡蠣と日本酒を召し上がってみてくださいね。


宝剣酒造株式会社
土井鉄也
[PR]
# by wajowaraku | 2015-03-06 16:24
戦国時代好きにはたまらない!
福井県より日本酒ファンづくりのお手伝いをさせていただいております越前酒乃店はやしの林です!





まだ美味しい手造りの日本酒に馴染みのない方に少しでも興味を持っていただけたら...





そんな思いで今回は福井県酒造組合主催のイベント『春の地酒まつり 2015』をご紹介。






毎年恒例になっている福井地酒のイベントで毎年2,000人を越す来客数!そしてなんと今年は「日本史がおもしろくなる日本酒の話」。あの上杉謙信公を祖先に持つ9代目上杉孝久氏をゲストに迎え、歴史上の有名人たちのお酒にまつわる面白い話を楽しむ事が出来ます!




日本酒好きはもちろん、日本の歴史が好きな方にはたまらないイベント!




f0141803_14175654.jpg


越前・若狭の地酒で乾杯。
春の地酒まつり 2015
日時  2015年3月21日(土・祝)
トークイベント 11:30~12:30  
飲酒イベント 13:00~17:00
前売り券 1,500円 当日券 2,000円


酒粕詰め放題や酒米試食など日本酒にまつわるイベント盛りだくさん!


是非この機会に福井に足を運んで楽しんでください(^^)


hiro.
[PR]
# by wajowaraku | 2015-02-27 14:35
日本酒仕込みに最適な季節です。 
昨日は 雪がぱらつき ました。関東地方では あまり降りませんが 今年は 例年に比べて とても寒いです。


弊社では 只今 仕込みの真っ最中です。今年は寒いので 仕込み時間が短縮できて ありがたいですが


手間暇 掛けることに 変わりはありません。さて 今の時期は 毎年 東京農大から実習に学生が来ます。

毎年12月と 翌年2月に来ますが 12月は大学3年生が来るのに 対して 2月は短大の2年生が来ます。


弊社は男女 受け入れ可能ですが、毎年 2~3名の女学生が 酒造りの体験 研修に来ます。


今年 来ている子は まだ19歳 未成年の為に お酒の提供は出来ませんが、日本酒に すごく興味を

持ってくれています。毎年 日本酒の講義なども行い 日本酒が大好きになって帰って行きます。

後日 試飲会等にも来てくれるようになり、若い学生に日本酒をすきになってもらう地道な活動に繋がっています。


若い頃に 日本酒が好きになれば ずっと好きで居てもらえる。歴代の実習生も沢山いますが、今も日本酒大好きだったり、業界に

就職して活躍している子もいます。人数は少ないですが こういうことが すごく大切と思う 今日 この頃です。



来福酒造  藤村 俊文 












[PR]
# by wajowaraku | 2015-02-06 12:21
いよいよ大寒の季節となりました
1月も後半戦に入った大寒の季節となりますと、
全国各地の蔵元では大吟醸の酒造り真っ只中ではないでしょうか。

この時期ならではの張り詰めた空間が何ともいえない事を肌で感じます。

今年も和醸和楽のメンバー蔵元一同、
皆さまに喜んでいただける最高の一滴のために昼夜を問わず頑張っております。
春には笑顔で皆さまにお会いできる日を楽しみにしております。

                                      黒龍酒造株式会社
                                           水野 直人
f0141803_148102.jpg

[PR]
# by wajowaraku | 2015-01-28 14:26
乾杯条例
みなさま、こんにちは。国権酒造(株)の細井です。
今期は、寒さも厳しくなおかつ、雪が多く大変です。
先日も
氷点下19度
というイタい朝でした。


さて、全国各地で制定され始めております通称「乾杯条例」ですが、我が南会津町でも全国で4番目に制定されました。
今年も新酒のできた来月2月14日(土)に
「地酒の夕べ」
を「地酒で乾杯プロジェクト」の主催で行います。
折しもバレンタインデーではございますが、お近くの方はふるってご参加ください。

f0141803_1151586.jpg


遠方の方も1,500円飲み放題ですので、よろしければお越し下さい。

こんな限界集落にもうちょっとの町でも若者が日本酒を飲んでいます。
0→1→2杯へ。
[PR]
# by wajowaraku | 2015-01-28 11:55
新成人の皆様、おめでとうございます!
神奈川県川崎市の「たけくま酒店」宮川です。

今週の月曜日は「成人の日」でしたね。
新成人の皆様、おめでとうございます。
ぜひぜひ「日本酒のある生活」もお楽しみください。

最近、
日本酒の新しい飲み手の方が増えているのを実感でき、
ますます楽しく商売できています。
楽しみ方も様々で大いに結構なのですが、
間違えた楽しみ方をしてしまっては、
結果的に楽しくないことになることもあるかもしれません。

f0141803_16141725.jpg


昨年当店ではご近所の方の力を借りて、
ほとんど日本酒を知らない(でもちょっと興味ある)20~30代の方への、
初心者向けセミナーを2度ほど行いました。
例えば、
日本酒にはいろいろなものが混ざっているという誤解も多く、
こちらも勉強になりました。

日本酒を熱心に扱っている店では、
常連さんだけでなく、
必ず新しい飲み手の方も大切にします。
少し質問すればたくさんのイイ答えが返ってきて正しい方に導いてくれるはずです。
また、人数が集まれば初心者セミナーのようなものを開いてくれるかもしれませんよ。

ぜひぜひドンドン質問、相談して楽しみを増やしてください!!
[PR]
# by wajowaraku | 2015-01-17 15:09
日本酒乾杯条例!

こんにちは。寫樂の醸造元、宮泉銘醸株式会社です。



皆さんは、乾杯をするときに、何を飲まれますか?



ビールや、シャンパンをいちばん最初に飲まれるという方が多いとおもいますが、いま、最初の1杯を日本酒で、という乾杯条例が全国の自治体で広がりつつあります。



弊社の地元、会津若松市でも、先日、会津清酒の普及の促進に関する条例が制定され、「会津清酒で乾杯!」セレモニーが開催されました。



f0141803_18215577.jpg




今回のセレモニーでも行ったように、日本酒で乾杯といえばお祝の時に樽酒で鏡開きをして飲むイメージが強い方もいらっしゃると思いますが、
そういったときだけでなく、色々な場面で日本人の心である日本酒で乾杯をしていただくことで、あまり日本酒を飲んだことがない方にも、日本酒を飲むきっかけの1杯になれると思います。



是非、皆様の地域でも、友人同士、会社の宴会、デート等々で、日本酒で乾杯をしてみませんか?




f0141803_18172079.jpg

[PR]
# by wajowaraku | 2015-01-09 18:25
2015 あけましておめでとうございます!!!
新年 あけましておめでとうございます。

今年も皆様にとって良い一年でありますように・・・

今期第一回目のブログ担当させて頂くのは広島県で神雷を醸している三輪酒造(株) 三輪です。
どうぞ宜しくお願い致します。

お正月という事で、皆様 おせち料理と共にお屠蘇(おとそ)を召し上がられましたか?
私も今年一年を見渡してゆっくりとおせち料理とお屠蘇を楽しみながらお正月を過ごしております・・・とはいかず、仕込んだ醪のお守りに明け暮れる日々でした。

そんなバタバタとしたお正月を過ごしておりましたが、刻々とその表情を変えてプツプツと音を立てながら発酵していく醪を見ていると、我が子のようにとても愛おしく思えて癒されるものです。

さて、そんな醪の管理に欠かせない道具の一つに「櫂(かい)」があります。

主に醪やお酒を攪拌するために使う道具です。
テレビ等でもよくこの櫂入れをしているシーンが映りますよね^^

弊社で使っている櫂をならべて写真を撮ってみました。

・手前の2本(長い櫂)は醪仕込用で、弊社では容量4,800リットルくらいのタンクで使います。

・そしてその次の2本(短い櫂)は容量600リットル前後のタンクで使う櫂です。

・一番奥の櫂は布を洗う時などに使っている櫂です。
これは木製です。

当然タンクの大きさによって使う「櫂」の長さが違います。

更に言うと手前の2本を比べてもらうと櫂の先の大きさが違うのがわかるかと思います。

仕込の時などまだお米が溶けてない時は先の小さい櫂を使い、醪が進みお米が溶けてきたら先の大きい櫂を使うなど、「櫂」一つ取っても、用途に合わせて使い分けていっています。

蔵それぞれに流儀がありますから一様ではないのですが、このように一つ一つの道具や作業にも先人から受け継いだ知恵があったりして、やはりお酒造りはとても面白い仕事だなと思うのです。

そして皆様に美味しい日本酒が届けられるように日々精進していこうと改めて心に誓ったお正月でした。

今年もどうぞ宜しくお願い致します。

f0141803_1911288.jpg



f0141803_19114381.jpg

[PR]
# by wajowaraku | 2015-01-02 19:13
2015年に向けて・・・・
厚木の望月商店の望月でございます。

いよいよ2014年も残りわずかとなりました。


皆様にとって2014年はどんな年となったのでしょうか?!



本年度も「和醸和楽」としてはもちろん、蔵元さん、酒販店さん
各々でもいろいろなアクションを起こし、日本酒ファン底上げに
向けていろいろな取り組みを行ってきました。


その成果もあってか?!(そう願います(^^))

巷では日本酒ファンが増えて、
「日本酒ブーム」とも言われています。


どうしても「ブーム」という言葉は嬉しさよりは嫌~な感じが
するのが正直な所ですが・・・・・・・・・。



改めて0→1へ。そして1→2へ


正月は日本酒を飲まなきゃという方が多くご来店頂いております。


正月は海外に行くが、是非日本酒を飲みたいとの事で購入されていく
方もいらっしゃいました



せっかく日本酒を楽しむのですから
是非、自分好みの合うお酒に出会って下さい。



その為にはよい酒販店に出会って下さい。



「和醸和楽」の酒販店は全国におりますから
是非足を運んでみて下さい070.gif


皆さん、ほとんどの店が年内31日まで営業されて
いると思いますので今からでも遅くはないですよ。




いつ飲むの?!(もう古い?!)028.gif



では、皆様にとって2015年が更なる良き年となりますよう願っております001.gif


良いお年を006.gif!!
[PR]
# by wajowaraku | 2014-12-26 18:44
ものづくりの理想郷
こんにちは。

和歌山で「紀土」を醸している平和酒造の山本です。

若干私事で恐縮ですが、先日、株式会社dZERO様より
「ものづくりの理想郷 日本酒業界で今起こっていること」
を刊行させて頂きました。

世間から古い業界や斜陽産業と思われている日本酒業界は
革新期に入っています。
そのような中で業界に新風を吹かせるべく活動する
若い蔵元や蔵人の姿を描かせて頂きました。

弊社の蔵は平均年齢20代、出身も和歌山に限らず
酒造りをしたいと思う若者が全国から集まっています。
(弊社だけではなく、若い人が働いている蔵は多いです)

お酒の会などでも、蔵人に対して
「若いですね!」
「どうしてわざわざ酒蔵に来ようと思ったんですか?」
「(女性蔵人に対して)女性なのにしんどくないですか?」
という声をかけて頂くこともしばしば。

若い人が酒蔵で働くのは、そこに価値があるからです。
酒蔵がどう変わってきたか、そこで働く人の想いを伝えることで、
日本酒に血の通った温かさ、熱い想いを感じて頂けたらと思います。

「ちょっと日本酒って気になるかも」
「自分と同世代の人が造ってみたものなら飲んでみたいかも…」

そうして、『0杯から1杯へ』、繋がっていけたら幸いです。

 
                           平和酒造株式会社 山本 典正



f0141803_12171494.jpg
[PR]
# by wajowaraku | 2014-12-12 15:00
樽酒。

いつも日本酒を愛して下さりありがとうございます。

2014年も残すところあとわずか。
日本酒業界、特に地酒専門店にとってはこの1年間
一生懸命頑張ったかどうかの審判が下される12月を迎えました。

当店は今から十数年前より年末に自分の店で樽酒を仕込んで
販売しております。
10月頃から税務署に樽酒の仕込みの許可を得る申請をして、
蔵元さんより洗瓶を仕入れたり、杉樽を仕入れたりして準備を整えます。
大安吉日の日よりスタート。凄く緊張します。
毎日、朝に夕に 味をチェックして杉の木の香りが心地よく付いた頃を
見計らって瓶詰めします。
そのあと手作業にてラベルを貼って店頭に並べます。
出来上がった樽酒はまるで我が子のようにかわいいものです。

ですから、蔵元さんの自社製品に対する愛情は凄いんだろうなと
そのとき感じます。
蔵元さんの愛情がたっぷり入ったお酒を我が子のようにかわいがり、
ときめいて販売することがきっと0杯が1杯に繋がることではないかと
樽酒を仕込んでみて毎年感じることです。

当店取り扱いのお酒はみんな魅力たっぷりな蔵元さんや蔵人さんが
造ったものばかりです。
美味しいお酒に人間的魅力を添えて 販売させていただきます。 

     長野県千曲市屋代の田舎の専門店  酒乃生坂屋でした。
[PR]
# by wajowaraku | 2014-12-04 19:58
四季と日本酒
秋田県五城目町で「一白水成」という日本酒を醸している渡邉です。

弊蔵26BYも10/14大安からスタートし今週には初しぼりが行えるかと思います。

今期も和醸良酒、蔵人の事故・怪我のないようイイ酒造ってまいります。


さて、

今週末に我ら和醸和楽でもお世話になった靖国神社にて
 「黄葉見酒まつり」というイベントに参加いたします。

そう、黄葉をしながらお酒を飲む。

日本酒の飲み方として古来より春夏秋冬に合わせた飲み方があります。


春には新酒で花見酒。
夏には生貯で七夕酒。
秋にはひやおろしで月見酒。
冬には熱燗で雪見酒。


日本には四季があり、それぞれの季節でお酒と共にお料理も楽しめます。

日本に生まれ、日本人として生まれた以上、これにない楽しみ方はないのでは。


是非、四季を目で感じ、肌で感じ、日本酒で感じてください。



「0杯を1杯に」



一白水成 渡邉康衛

f0141803_1573266.jpg

[PR]
# by wajowaraku | 2014-11-25 15:09
ママ友 0~1杯へ
皆様こんにちは。

埼玉県は所沢にあります、こぐれ酒店の古寺と申します。

「0杯~1杯へ」

このテーマについて、先日ありましたプライベートでのお話を。
(私事の規模の小さいお話で申し訳ございません(笑い))

先日の休日に私の娘の通う幼稚園のママ友達を自宅に招いて
食事をする機会(飲み会ですね、はい)がございました。

各自お酒は持ち寄りで、料理は私が担当。。(奥さんは何をしてたっけ?)

子供にご飯を食べさせ、ディ〇ニーのDVDをセット、再生ボタンをオンッ!!
子供の面倒はア〇と雪の女王にお任せ。
2時間強は大人の時間です。

ママ友達の持ってきたお酒はチューハイやビールばかり。
旦那組は私が買ってきた日本酒を開けて飲みましょうという事になりました。

それを見ていた奥さんたちは「日本酒って悪酔いしちゃうよね~」や
「あとが怖いよね~」など、日本酒の敬遠される典型的な文言のオンパレード。
酒屋で働くものとしては屈辱的でした(笑)

すると妻から助け舟が!
「私、日本酒飲まなかったけど、飲んでみるとおいしいよ。
       飲む量もそうだけど、飲み方もあるよね?」
「うちの旦那みたいなおっさんが飲むイメージだけど、
       私なんかもよく飲むよ~。ラベルも可愛いのもいっぱいあるし。」

「おっさん」呼ばわりは余計でしたが、妻の言葉にママ友達は興味深々。

「日本酒、飲んでみる?」私の問いかけにママ友達は頷きました。
グラスに注ぐと、ママ友達はそれぞれ恐る恐る香りを嗅いだ。

「!!!」 「これって日本酒?・・・ですよね?」

グラスを傾ける。
「んん~っ」 「お~いし~っ」

普段日本酒と縁のなかったママ友達の驚いた顔を見て、
私はドヤ顔を決めていたとかいないとか。

その後は少し燗をつけてみたりもしました。
同じお酒でも温度帯の変化でで風味なども変わる事にも驚いていました。

難しい話や、うんちくを省いたせいか、
純粋に日本酒を楽しく味わってもらった気がします。

ア〇と雪の女王も仕事の出来る姉妹で、大人達も楽しい時間を過ごせました。
お開きとなり、皆無事に帰っていきました。

完全にプライベートな出来事ですが、これも何かの縁だと思いました。
これからも彼女達と日本酒の縁が続く事を願います。

そして次の「0杯~1杯」へと続きますように。
[PR]
# by wajowaraku | 2014-11-14 08:05
おばんでございます。
宮城県は仙台市でお酒発信しております、カネタケ青木商店と申します。

当店も他の酒屋様と同様年に何度か大きなお酒の会を開催しております。
新規のお客様もいらっしゃいますが、やはりお酒の好きな方々に多くご参加いただいています。

そこで0→1運動

大学の学生さん向けに地酒発信のイベント行ったりしております。
小さな貸スペースを使用しての大学のサークルイベントのような形です。

たまたま飲みの席で主催者様とお話しする機会がありましてお手伝いさせていただきました。
もちろん普段ほとんど日本酒を飲まない方もたくさんいましたが、当方でご説明させてもらいながらゆっくり日本酒を楽しんでいただきました。

気の合う仲間と共に飲むってのが重要だと思いました。
0→1運動はシュチュエーションからですね!

宮城県酒でのイベントでしたが、全国的に多くの銘柄で開催できればいいですねー

以上、カネタケ青木商店でした<(_ _)><(_ _)>
[PR]
# by wajowaraku | 2014-10-31 19:48
三井の寿の0杯から1杯への働きは!!

皆さんこんにちは。福岡の三井の寿を醸している井上です!

三井の寿と言う名前は知らなくても

こんなラベルや
f0141803_10405195.jpg


こんなラベルは見た事位は無いですか?
f0141803_10421152.jpg
f0141803_1043597.jpg


これらは、三井の寿、イタリアンラベルとして5年程前から出し始めた商品です!

0杯を1杯と考えた時にまず、ワイン飲んでる方に飲んでもらおう!

ジャケ買いでも良いから、目に留まる商品を造ろう!

との考えからできた商品です。

今では季節商品の定番として

春  四葉のクローバーのクアドリフォリオ

夏  蝉の絵のチカーラ

秋  キノコの絵のポルチーニ

冬  雪だるまの絵のネーベー

の四種類にとどまらず、クアドリフォリオのスピンオフ、テントウ虫が大きくなったコチネレ!

ワインの製法を取り入れた  バトナージュ、 ワイン酵母で造った純米吟醸など販売し

今まで日本酒を飲まれなかった方々、ワインを買いに来て、ジャケットで買われて行く方が増えましたとか

酒販店の方から聞くと、嬉しくなりますね。

ただ、今の問題は、ラベルは知っているけど、どこが造っているのか知らない人が多くて、三井の寿の名前も知ってもらう事ですね・・


そこで

f0141803_1181742.jpg


今ではこんな、世界初?ダブルA面ラベルも作って三井の寿の名前も知ってもらうようにはしてますが(笑)

それでは、これからも0杯を1杯にするために、面白く、美味しいお酒を醸していきます!
[PR]
# by wajowaraku | 2014-10-24 00:00
美酒活
おかげさまで、【和醸和楽・美酒活】イベントでは

1000名を超える女性にご来場いただき

大変盛り上がりました!

ご来場いただいたお客様、関係者の皆様

そして、靖国神社の皆様ありがとうございました。

日本酒を通じて、たくさんの方々との出会いと、

皆さんの笑顔をいただくことが出来て

和醸和楽一同、大変感謝しております。

また来年に向けて、日本酒0→1運動を広げていきますので

どうぞ、よろしくお願いします!


f0141803_11235118.jpg


f0141803_11264756.jpg


f0141803_1127278.jpg


f0141803_11274758.jpg



f0141803_1128221.jpg
f0141803_1128181.jpg

[PR]
# by wajowaraku | 2014-10-08 11:29
千葉から発信!「0杯から1杯へ」
こんにちは。
千葉の酒販店「いまでや」の小倉です。

私共は9月21日(日)、千葉中央公園にて今年で2回目となる「秋空日本酒バル」を開催しました。
f0141803_1946355.jpg


この「秋空日本酒バル」は、日本酒が大好きな方はもちろんですが、これまで日本酒に触れ合うシーンがなかった若年層に向けて、昨今味わいのバリエーションが増えた日本酒を【知って欲しい・味わって欲しい】という想いからスタート。まさに「0杯から1杯へ」の活動です。

当日は澄み渡るような秋空。今年は弊社オリジナルのお猪口を製作しイベントに臨みました。
f0141803_19362280.jpg


地元・千葉での開催という事もあり、千葉地酒ブースとして酒蔵5社にご協力頂き造り手自ら地酒を提供。弊社は全国の美味しい地酒ブースを作り約100種類近くのお酒を取り揃え、弊社スタッフ一人一人が御客様にご提案・提供させて頂きました。
f0141803_19444713.jpg

出品するお酒は必ずチャレンジを意識しセレクトしています。昨年は酒米(酒造好適米・地元米・飯米など)にこだわり、米の種類ごとにブースを分け、「酒米」を身近に感じて頂くと共に味わいの違いを楽しんで頂きました。今年は”熟成酒”がポイントで、ひと夏寝かせた【秋酒=ひやおろし】はもちろん、1年・5年・10年以上寝かせた熟成酒を多数出品し、長い年月を経た風合い豊かな熟成酒は男女・年齢問わず大人気。

当日は、気持ちの良いお天気の下で、美味しいお酒を飲んで盛り上がっている会場の熱気につられ、ついつい引き寄せられた御客様も多く、特に今年は昨年以上に若い女性の御客様が増加。弊社スタッフが説明する一言一言を熱心に聞き、友人と来られた方はお互いのお酒を飲み比べするなど、"知りたい"という欲求の高さ・感度の高さが窺えました。
f0141803_19564143.jpg

終わってみるとお猪口は1,000個近く、お酒は用意した合計約200本が全て完売という盛況ぶり。このイベントで改めて日本酒の注目度の高さを実感し、そしてまだまだ掘り起しが可能だと自信が持てました。

微力な私達ですが、精魂込めて醸した美味しいお酒を、より多くの御客様へお届けし楽しんで頂きたい。「0杯から1杯へ」の想いをイベントやセミナー、日々の営業活動を通し伝えていきたい。その根本理念はブレずにこれからも進んでいきたいと思っています。

いまでや 小倉秀一
[PR]
# by wajowaraku | 2014-09-29 19:58
甘酒で美白
皆様、こんにちは
東京都八王子市小倉屋酒店 小野 です

先日、「東京新聞ショッパー社 八王子版」から巻頭の写真入り取材の要請を受け、私からタイトル「味わう日本酒を飲んでいただきたい(仮)」にて掲載して頂く事となりました。

この新聞は、八王子市全域に人口約50万人に対し各家庭に週一回約15万部を個別配布される無料新聞です。購読層は女性が多く市内のグルメスポット・ビューティー関係・四季折々の各種行事催事等こと細かく市内の情報が掲載されております。

まだ発行前なので詳しくはお伝え出来ませんが「酒造りの際に米の種類を替えて仕込んだ酒は味わいが全く違うのを知っていますか?」・「製造年月日ってなに?」等、日本酒に関する疑問や、「日本酒を飲んでみたいが・・・」とご購入をお考えの皆様にご来店頂けるような記事を掲載させていただく予定です。

地域限定の新聞の為皆様にはご覧頂けませんが、地元八王子の皆様がこの記事を読み一人でも多くの日本酒ファンが増える事を期待しております。

そして本題です!

当店では3年前から夏に「米・米麹」のみで蔵元が作った「本格甘酒」がよく売れています。
最近は日本酒に興味をもった若いカップルのご来店が多くなり、男性はじっくりと日本酒を選んでいるのですが、女性の中には日本酒に興味が無いと退屈そうにしています。

そこで、この「甘酒」についての話をしますと興味津々に聞き入りってくれます。
また、店内に貼った「夏バテ防止・美白効果に冷たい甘酒を1杯飲んでみませんか」のPOPを食い入るように読んでいます。

まずは「美白効果」です。米麹には、美白成分のコウジ酸が豊富に含まれており、このコウジ酸にはシミの原因になるメラニン色素の生成を抑える働きがあるためシミやくすみを防ぐ効果があります。

また、夏バテの予防改善効果も期待されており、甘酒に含まれる豊富な栄養素のおかげで消化吸収を助け、ビタミンB群などの栄養を効率良く体に取り込むことができるので食欲不振による体力低下を防ぎます。

この様に、米・米麹のみで作った甘酒には栄養素が多く、江戸時代には冷やした甘酒を桶に入れ当時夏の栄養ドリンクとして売り歩いた事から甘酒の季語は「夏です」と説明しますと驚く方が殆どです。

ちなみに1杯100円で販売もしています。
飲まれた方の殆どが1本ご購入して行かれます。

f0141803_1991729.jpg


そこで問題です。甘酒同様、米・米麹・(醸造アルコール添加)で作る物は?

答え「日本酒」です。

日本酒と甘酒との大きな違いは、主原料は一緒ですが「酵母」によるアルコールの生成が行われるかないかの違いであり、甘酒は酵母を使用していない為アルコール0%です。
そして日本酒も甘酒同様「美白効果に適している」と医学的にも証明されております。

是非女性の皆様、彼氏・旦那様の晩酌に日本酒を1杯だけお付き合いしてみてはどうですか!
美白効果にも良いですし、もしかしたらお酒の勢いで普段とは違った会話で盛り上がるかもしれませんよ!

9月27日(土)開催の「美酒活フェス」でも「美」に関するスペシャル・ステージが目白押しです!
ご参加お待ち申し上げております!

[PR]
# by wajowaraku | 2014-09-19 19:48


オフィシャルサイト
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧