SAKEアカデミー
by wajowaraku
spring breeze

みなさま、お変わりございませんか、

お世話になっております。

焼津市の磯自慢酒造の寺岡洋司でございます。



温暖な静岡では、梅の花と河津桜の花も先日の風雨で既に落ち、新緑の葉っぱが見事に色づき、眩いばか

りの素敵な景観になっております。 若芽色綺麗ですね。

ソメイヨシノの開花の足音もすぐそこに聞こえて参ります。


東西・南北に広い日本です。開花の時期は二カ月近く異なると思いますが、

是非とも

日本酒でお楽しみいただければ幸いでございます。


The soft caress of a fragrant SPRING BREEZE
[PR]
# by wajowaraku | 2014-03-23 16:56
ラストスパート

広島県呉市の宝剣酒造 土井です。


ようやく春らしくなってきましたね。桜の開花ももうすぐそこまで来てますでしょうか。

この時期全国の蔵元は仕込みも終盤を迎えています。

私たち宝剣酒造も来月4月13日に仕込みを終えます。

残り1か月のラストスパートです。

蔵人皆疲れもかなりたまってきてはいますが、最後の最後まで全力で「旨い」
日本酒を醸していきたいと思います。

気合を入れ直して頑張ります。


話は変わりますが、宝剣酒造がある町 広島県 呉市は「カキ」の生産量が
日本一なんですよ。知ってました?

この時期のカキは一口では口に入らないぐらいの大粒で身がプリップリッ! 
そして、濃厚クリーミー!!

海のミルクと言われる理由がよく分かりますね。

呉のカキも今月末で終わりだそうですよ。

皆様呉のカキと日本酒を是非召し上がってみてくださいね。

ぶち旨いですけん。
[PR]
# by wajowaraku | 2014-03-15 14:57
満月ワインバー + 日本酒
f0141803_1353922.jpg


博多のとどろき酒店です。

山形、仙台、盛岡、鎌倉、甲府、松本、東京、
長崎、熊本そして博多と10カ所で仲間と
満月ワインバーというイベントをしています。

満月ワインバーとは


満月の夜に会いましょう。
月に一度だけ現れる
自由な造り手の
自由なワインを
自由にたのしむ小さな酒場。

同じ月見て頬を赤らめている遠い土地の人と、
ゆるくておだやかなつながりを感じる夜。


というゆるやかな満月の日限定のワインバー。

ワインバーと名前なので基本ワインが中心ですが、
博多の私は数種の日本酒をおりまぜながら出しています。

ワイン好きの人たちに、いろいろな日本酒をすすめて
飲んでもらいますが意外に好評!

ワインとつながりながら新しい日本酒の波が広がれば
いいなと思っています。


f0141803_1365185.jpg

[PR]
# by wajowaraku | 2014-03-07 13:08
地酒で乾杯
こんにちは。福島県の国権酒造の細井です。
私の住んでいる南会津町では、昨年6月に所謂「乾杯条例」が出来まして、
町内各所で日本酒で乾杯の声が高らかに?聞こえております。
f0141803_9553884.jpg


ご覧のようにプロジェクトも立ち上がりました。

これから、異動・入社の時期が近づいてまいりますが、

前途を祝して日本酒で乾杯!!
[PR]
# by wajowaraku | 2014-02-28 10:00
ワインを知り、日本酒を知る。
f0141803_11245040.jpg


かがた屋酒店 直井です。
2013年正月、ワインを勉強する決意をし
ちょうど一年前に今頃からワインスクールに飛び込み
8月筆記試験、9月テイスティング試験、
ギリギリ合格することができました。
ソムリエ、ワインアドバイサー、ワインエキスパートに興味がある方、
この試験は頭の良い悪いではありません。

「気合!」

気合があれば合格。
なければ落ちます。
暗記地獄。笑

葡萄をアルコール発酵させて、ギュッと搾ったのがワイン。
お米をアルコール発酵させて、ギュッと搾ったのが日本酒。

共に醸造酒。

いままで恥ずかしいくらいワインの知識はありませんでした。
ですが、このたび、ワインに触れ、
同じ醸造酒の日本酒と比較できるようになりました。
ワインを知り、日本酒を知る。
日本酒を知り、ワインを知る。
順番はどっちでもいいですが、
両方知り、飲み分けると世界が広がります。
[PR]
# by wajowaraku | 2014-02-27 11:36
食べる日本酒
青森県で「田酒」という酒を造っております、西田酒造店の西田です。

この話題、ちょっと時間が過ぎてしまっているので間が抜けた感じですが。
数年前から関西の「ショコラティエ パレドオール」様のご協力で「利き酒ショコラ」というチョコレートのセットをバレンタインデーに向けて毎年発売してもらっています。
これは、日本酒を生地に練り込んだチョコレートで、しかも6種類の日本酒が比べ食べ出来ます。

体質的にお酒が飲めない人も、日本酒が嫌いという方もこれでしたら、間違いなく気に入って頂けるものでしょう。

f0141803_158147.jpg


f0141803_1582624.jpg

[PR]
# by wajowaraku | 2014-02-21 15:09
寒の入り
こんにちは
宮城県石巻市
日高見醸造元
(株)平孝酒造の平井です。

間もなく東日本大震災より丸3年を迎えます。
あの日の事を風化させず。
皆様も防災に心掛けて下さい。

 さて、今回は24節気と酒造りについてお話させて頂きます。

24節気の第23~24(小寒から大寒・1月5日頃~1月20日頃)は
一年の中でも、最も寒い時期で、
『寒の入り』とも呼ばれております。

 また、小寒から節分までを『寒の内』と呼び、
『寒の内』の間に汲んだ水を『寒の水』と呼び、

『寒の水』で仕込んだお酒は腐らないと言われておりました。

昔の人は、そう言った事を科学的な根拠からでは無く、
経験値から判断して、後世に伝えて来たのだと、
つくづく感心させられます。

確かに、この時期は微生物の活動が鈍く、
全国の蔵元を眺めても、一年で一番良いお酒を造る所が多く見られます。

当社でもこの時期には鑑評会出品酒の仕込みに入ります。
これから、搾るまでの間、緊張感が続きます。
また、搾ってから火入れして出品まで、手が抜けません。

さあ、今年はどのような結果が待っているのかな?
[PR]
# by wajowaraku | 2014-02-12 16:26
新しい日本酒
こんにちは
神戸で酒販店を営んでおります、すみの酒店の花畑S郎です


アンダー30の我々世代にとって『日本酒』といえば、大学の時代に先輩から無理やり飲まされる『二日酔い100%保障のハードな和酒』のイメージがめちゃめちゃ強かった訳です。

そんな『日本酒という選択肢が100%ない』状態から『あれ日本酒良いかな?』的な大きなシンギュラーポイントを迎えたきっかけをすこし書かせて頂きます。

今では最もよく飲む『モダンスタイルの日本酒(果実香を仄かに感じさせつつ味わいはソフトで甘みを伴うお酒)』ですが、正直なところ日本酒嫌いな(興味のない)時は『どれを飲んでも違いが分かりませんでした』。

そんな折に友人から勧められたのは、『日本酒っぽくない日本酒』と言いますか、アバンギャルドで『コレ日本酒なん?』的なお酒。


例えば・・・

スパークリング日本酒

メチャ甘口日本酒

カクテルで割った6度前後の日本酒

などなど・・・


その中でも日本酒を炭酸水(もしくはジンジャーエール)で割って、シュガーコーティングをしたオレンジピールなんかを入れたやつなんかは、今でも忘れる事の出来ない本当に感動的な味わいでした!

もちろん和醸の蔵元さんのお酒は『そのまま』で飲んで頂きたいのですが、『日本酒はちょっと・・・』的な人には思い切って『自分流にアレンジして』飲んで頂くのも、おもしろいと思います。



型にはまらず、フリースタイルで美味しい日本酒を飲みましょう!
[PR]
# by wajowaraku | 2014-02-04 17:00
日本酒を口にした事が無い方々への啓蒙活動。
今回のブログ担当は福井県の「越前酒乃店はやし」の林です。

日本酒を普段飲まない方々や、今まで口にした事が無い方々(0杯の方々)に日本酒の美味しさを伝えようと運営している「和醸和楽」ですが、先日、日本酒を全く知らない「ウズベキスタン」にて日本酒セミナーを開催してきましたので、少しご紹介させていただきます。


ウズベキスタンの首都タシケントは中央アジアでも最大の都市で、270万人以上の方々が暮らしており、主食は米が半分、パンが半分という以外にも日本に近い食文化です。


現在の和食ブームに乗り、「寿司バー」なども増えてきているのですが、日本酒の流通が全く無い為、日本酒を口にする事が出来ません。




これぞまさに日本酒未開拓の0杯エリア!




「日本酒」は水と米で出来ています。


という解説から始まり、全く日本酒を口にした事が無い方々に対し、手造りによる日本酒の美味しさを伝えてきました。



米から出来ているとは思えない吟醸酒の香りなどに現地の方々からは是非また飲みたいとのお声を頂戴する事が出来ました。まだまだ日本酒の可能性を感じずにはいられません。





これからも日本酒に触れ合う事が無い方々に対して、日本酒の良さ(日本文化の良さ)を伝え続けていきたいと思っております。
                                                 hiro.

f0141803_1575865.jpg
f0141803_1581935.jpg
f0141803_1583649.jpg

[PR]
# by wajowaraku | 2014-01-24 15:10
新年と新成人 おめでとうございます
新年おめでとうございます。
福島の廣木酒造本店 廣木です。
2014年、新しい年がスタートしました。

全国各地の蔵からの新酒がもう既に皆様の口に届いている事かと思います。

せっかくですから、年が改まったこの機会に、醸造年度(酒造年度)の区切りについて少し書かせていただこうと思います。

酒造りは、一般的には新米ができる秋口から始まり、翌年の春まで行われるのが慣例であります。
つまり、期間で言えば年をまたぐようになるわけです。
そこで毎年の七月一日を始まりとし、六月三十日をもって終了する年度が酒造年度(BY)として定められています。

酒の味は、その年、年。
あるいは熟成期間によって違いがあります。
酒造年度に注目をしながら酒を飲むのもまた、酒飲みの楽しみの一つではないでしょうか。


そして最後になりましたが、今月、十三日は成人の日ですね。
新成人の皆様が喜びを倍にし、悲しみを半減させる様な素晴らしい酒に出会える様、心よりお祈りしております。

新成人おめでとうございます。
日本酒で乾杯!
[PR]
# by wajowaraku | 2014-01-10 12:09
謹賀新年
あけましておめでとうございます 

茨城県の来福酒造です。2014年も皆様に 福が来ることを願って

お酒を造ります。

お正月は1年で最も日本酒を飲む時期だと思います。

新年のお屠蘇に普段日本酒を飲まない人も口にすることが多いと思います。

そしてこれから新年会のシーズンです。


先日 東京で 企業の経営セミナーに招かれ日本酒の話をしてきました。

都会では 日本酒WITH和らぎ水ということで 水を一緒に注文することが 当たり前になってきましたが

田舎ではまだまだ そういったことは少ない、知らなかったという話を良く聞きます。


水を一緒に飲めば 酔いも軽く 量も飲めます。また日本酒が駄目な方にも飲みやすくなります。

これから新年会がある方はぜひ 水と一緒に 日本酒が飲まない方にも 日本酒をすすめてみてください。

そして いろいろな日本酒を飲み比べて頂けたら幸いです。

都会でも地方でも 0杯から1杯に 繋がっていくこと そう願っています。


本年もよろしくお願い申し上げます。  来福酒造  藤村 俊文
[PR]
# by wajowaraku | 2014-01-03 13:55
国菌
今年も残すところあと10日程となり、黒龍酒造でも、冬の到来と共に大吟醸の仕込みが多くなってきました。

さて、先日NHKのスペシャル番組「和食 千年の味のミステリー」という番組がございました。料理に関わる業界の中には、ご覧になられた方も多かったのではないでしょうか?

ユネスコの無形文化遺産に「和食」が登録された事によって、今後ますます世界中で和食への注目が高まって行くと思われます。番組では、和食特有の旨みを出す調味料として、日本酒・醤油・味噌等が紹介されていましたが、これらは全て「アスペルギルス・オリゼ」という日本独自の菌を利用して出来上がったものです。
私たち酒屋もんにはなじみが深い「アスペルギルス・オリゼ」について詳しく深堀した番組内容でしたので、大変楽しく拝見させていただきました。

一麹、二酛、三造りとも言われ、酒造りの基本とされる麹造りは、まさしくこの日本独自の菌である「アスペルギルス・オリゼ」を造る仕事になります。実際は「造る」というより、「お世話をする」という言葉の方がぴったりくる仕事内容となっており、酒蔵では、寝る間も惜しんで、目に見えない微生物を愛情込めて育てて行きます。
「0杯から1杯へ」となるように、今年も良い酒を醸してまいります。

f0141803_8374797.jpg
         寒い酒蔵の中、麹室内は30度以上に保たれています。

f0141803_8471418.jpg
                深夜でも麹は活動し続けます。

f0141803_8481057.jpg
           出麹。3昼夜掛った麹が、いよいよ完成です。
[PR]
# by wajowaraku | 2013-12-20 08:54
師走12月ですね。
神奈川県川崎市、たけくま酒店の宮川です。

師走12月、酒屋にとって最も忙しい時期となりました。
当店で1年を通して最も来店客に恵まれるのは12月31日です。
その日は通常の日曜日の5~6倍のお客様が来店することになるのですが、
「日本酒を飲むのは1年に一度、1月1日の元日だけ」
というお客様が意外と多く、
(ご家庭でも外食でも飲まないそうです、、、)
わざわざ当店を選んでくれた喜びの反面、
残りの364日もおいしい日本酒を楽しんで欲しいと切に願ってしまいます。

そんな方に「どうしてか飲まないのか」尋ねると、
他のお酒に比べて
①日本酒は太るから
②日本酒は次の日に残るから
という答えがほとんどです。


①日本酒は太るの?
おもな酒類の100mlあたりのカロリーを比べると、、、
ビール 40kcal、ワイン 73kcal、清酒 103kcal、焼酎(乙類) 146kcal、ウイスキー 237kcal、、、確かに清酒は高めってイヤイヤ、そんなことないです。
こんな比べ方はどうでしょう。
ビール中瓶(500ml)1本=200kcal
清酒1合(180ml)=185kcal
逆転してしまいます。
お酒のカロリーはアルコール分に比例するので、
度数の高いものほどカロリーが高くなります。
でも度数の高いお酒は少量で満足感もありますよね。
またアルコールのカロリーは「エンプティ(空っぽの)カロリー」と言われ、
摂取してもすぐ発熱(体温上昇)などでほとんど熱量を使い切ってしまいます。

日本酒があなたを直接太らせるのではなく、
強いて言えば日本酒が食事をおいしくさせるので、
日本酒があなたを食べ過ぎにさせ、食べ物があなたを太らせます!!


②日本酒は次の日に残るの?
難しい理屈をあえて省いて説明すると、
日本酒だけが特別ではなく、アルコール類全て、
一定以上を飲むと、体が処理し切れずに有害物質が次の日まで体に残ってしまう。
日本酒は古来からの知恵と技術によって高いアルコール度数をもつため、
飲みなれない日本酒のアルコール量を計算できず、飲み過ぎてしまうのではないかと思います。でも、どんなアルコールも飲み過ぎれば処理がし切れなくなります。
ときどきこんなアドバイスをします。
日本酒はビールの3倍のアルコール度数を持っているので、
日本酒は、普段ビールを口に入れる1/3の量を入れれば十分に味わえ、同じように酔いも訪れます。

3倍の時間をかけて、その長い時間の分、
おいしいお料理とともにゆっくり「食事の時間」を楽しんでください。
[PR]
# by wajowaraku | 2013-12-15 14:27
食と酒の楽しみ方
こんにちは、福島県会津若松市にある宮泉銘醸株式会社です。
暦も12月に変わり木枯らしの冷たさが身にしみる季節になりました。



今回は先月末日、会津若松市内の飲食店様にて
「食と酒の楽しみ方」セミナーの講師として渡辺ひと美様が
いらっしゃいましたので、その内容をちょっとご紹介したいと思います。


講演のテーマは「これからの【日本酒と料理】の楽しみ方」

f0141803_11585056.jpg

日本酒(アルコール)を飲むとなぜ人は酔うのか?
アルコール吸収の仕組みや、頭痛・吐き気の症状が
出にくくするための肝臓の働きを高めるための栄養素を説明。


日本酒を飲む時におススメの食品・料理の一例などを紹介。
料理のジャンルを問わず、有効な食材を意識してさらに
日本酒の楽しみ方を紹介。


日本酒の含まれる成分により美白効果・保湿効果・血行促進などの
さまざまな効果を説明。
また、呑みすぎの注意と和らぎ水を一緒に摂りながら飲む飲み方。


皆様、日本酒セミナーというなかなか普段その様な機会も
あまりないので、熱心に興味を持たれて参加されていました。
セミナーに参加され、地元の皆様にも「0杯から1杯」に
繋がればと思います。

渡辺ひと美様ありがとうございました。
[PR]
# by wajowaraku | 2013-12-06 12:00
酒蔵の一日
こんにちは

三輪酒造 三輪です。

今日は寒い一日となりましたね。
私が住む広島県の山奥"神石高原町"では一日雪が舞っていました。
寒くなったという事でますますお酒の美味しい時期となりましたね^^

さて、多くの蔵元さんが既に酒造りに入っている事と思いますが、私どもも10月半ばから蔵入りをし酒造りに励んでいるところです。
私自身もお酒造りに関わっていて、毎日酒蔵篭りの日々です。

和醸和楽のテーマである
『0杯から1杯へ』
普段あまり日本酒に親しまれていない方にも酒蔵の雰囲気を少し感じて頂けたらという事で、今回は酒造期の酒蔵の一日をご紹介したいと思います^^


まず酒蔵の朝は早くて…
朝の5:30頃から醪の検温や仕込みの準備を始めます
そして
・お米の蒸し
・仕込み
・麹の種切
・仕込みの片付け
まですると大体お昼ご飯の時間になっています。

午後からは
・お米の洗米
・酒粕剥ぎ
・醪の検温
・明日の準備
・ろ過・瓶洗い・瓶詰
などしていると夕食前になっており

夜は
・麹の手入れ
・醪の見回り
・記帳
などをしていると就寝の時間となっています。

そんな感じですので一日が過ぎるのがとても早いのです。
蔵によって違いはあると思いますが、うちの蔵ではこんな感じで毎日が過ぎてゆきます^^

酒造りの仕事は
忙しいのも勿論ですが、
・重いものを持ったり(お米など)
・真夏のような暑い所で作業したり(麹室にて)
・有酸素運動をしたり(櫂入れ)
まるで一日中スポーツジムで体を苛めているような感じです(笑)

そんなお酒造りの日々も醪が平穏にプツプツと泡を出して発酵している姿を見ると気持ちが安らぎますし、それがまた翌日のお酒造への情熱となります。

また酒造りは一人では出来ない仕事なので蔵人一同協力して仲良く仕事をしていく事もとても大切な事だと思っています。

手間隙と労力かけて作る日本酒ですが…お客様が楽しんで飲んで頂いて『美味しいね』の一言を頂けた時には酒造期の苦労も全て吹き飛びますし、心からこの仕事をやっていて良かったな~と思える瞬間なのです。

春まで蔵篭りしますが、また皆様とお会いできる日を楽しみにしております!!!

f0141803_22352753.jpg

f0141803_22354485.jpg

[PR]
# by wajowaraku | 2013-11-29 22:38
落語と日本酒♪
こんにちわ。

神奈川厚木の酒販店 望月商店の望月です003.gif
(以後お見知りおきを♪)

11月10日(日)に第6回目となりました「落語と国酒を楽しむ会」を
開催させて頂きました。
f0141803_1934651.jpg

落語などの伝統芸能も我が日本酒も日本にとっての”宝”であり、”誇り”です。

落語の世界は日本酒の世界に少し似ていて、だんだんと若手離れが続き
いかに次世代の聞き手を増やしていけるか?!という事が課題だそうです。


もったいない!!022.gif


私は個人的に落語が大好きなので、是非一度当店を通して生の落語を
聞いて頂く機会を作りたいなと思っておりました。
同時に落語を好きな方には日本酒の魅力を伝えたいなと思っておりました。


落語と日本酒のコラボレーション006.gif


継続は力なり。第6回目を迎えると初めての方はもちろん、
リピーターの方がまた新しい友人を連れてきてくれます。(感謝!)

f0141803_2243893.jpg
1部では毎回お話頂く真打の立川 生志師匠(立川談志さんのお弟子さん)の
落語で笑い・泣き・楽しんで頂き、2部では料理とお酒を楽しんでもらいます。


ただここで大事なのが落語家さんでも日本酒でも最初の出会いのタイミングと
内容が大事だということです。
(おもしろくない落語や自分に合わないお酒が最初だと印象が悪い・・・)


じゃあ、どんな日本酒から選べばいいんだろう?!


お任せ下さい066.gif


和醸和楽メンバーが全国におりますから、まずは
お近くの酒販店さんに相談に行って下さいませ037.gif





いつ行くの?!
[PR]
# by wajowaraku | 2013-11-21 22:13
日本酒が最も多彩で夢と期待がいっぱいな時期。
11月 日本酒が最も多彩で夢と期待がいっぱいな時期。
店の冷蔵庫も
ひと夏越していい熟成をした ひやおろし、
少し肌寒くなり ほっと気持落ち着く 燗酒、
蔵の最高峰の大吟醸などなど
また、各地の蔵元から
ピチピチ新酒を搾りました、との連絡
いい酒達でいっぱいです。

今年も酒造期になり蔵元を訪問しても元気に溢れています。
今月も何軒か蔵元さんに寄らせていただきましたが
蔵で酒造りをしている方々の平均年齢若くなり元気いっぱい
キビキビ動いて見てて気持ち良くなる蔵が増えました、
また最近 海外の方からの輸出の問い合わせも増え
日本酒 元気になりました。
日本酒も色々なタイプが醸され
この業界にいて今、非常に楽しいです。

山本浩司

蔵の写真とか色々載せたかったのですが、なぜかうまくアップ
できませんでした、すみません。
[PR]
# by wajowaraku | 2013-11-16 13:51
KISHU ROCK IMPACT!!
こんにちは、平和酒造の山本です。

10月6日、地元和歌山で行われたロックフェス「KISHU ROCK IMPACT」で
ウエルカムドリンクを振る舞って参りました。

会場は和歌山市内にある片男波海水浴場。
海もきれいに見える絶好のロケーションで、お天気も雲一つない快晴。

テントやオリジナルプラコップもロックフェスのイメージを添うようにし、
あえて「地酒らしくない」イメージで。

ロックフェスと日本酒のコラボレーションということで、
「はたしてロックファンの方に日本酒は受け入れてもらえるのだろうか…」
という不安もあったのですが、

f0141803_18291436.jpg


予想以上に「お酒でいこっか」との声を頂くことが出来ました。

目の前でお客様同士で乾杯をされている姿を見られて、
とても嬉しかったですね。

日本酒でも、アート業界・ファッション業界などなど、
様々な業界とのコラボレーションが行われています。

しかし、自分自身がもっともっと垣根や先入観をとっぱらって、
日本酒を楽しんで頂けるように、0杯を1杯にできるよう、
広めていきたいですね!

f0141803_18292654.jpg

[PR]
# by wajowaraku | 2013-11-08 18:27
信州の秋
食欲の秋、日本酒の秋ですね。

秋の味覚といえば松茸です。今年は久しぶりに大豊作。

安くて美味しい松茸料理が出せると地元の飲食店さんも大喜びです。

松茸にはやっぱり日本酒です! 

f0141803_1903226.jpg


今年の秋に信州を訪れた方は美味しい地酒と松茸を堪能されたことと思います。

さて、2013年秋。信州でもたくさんの日本酒イベントが開催されました。
その中で2つ程ご紹介させていただきます。

一つめは 『第19回長野の酒メッセ』NAGANOを味わい尽くす、蔵元自慢の銘酒600点が一堂に!

f0141803_1915452.jpg


県内外から 凄くたくさんの方にご来場いただきました。毎日これくらいの方が美味しい日本酒を飲んでくれたらなあ~。

二つめは 長野の風物詩 『カンパイFES』

今年も 民放テレビ局のご協力の元 PM 6:30 信州人が信州地酒でみんな同時にカンパイ!
しました。今年も一体感を感じることのできる素敵なイベントとなりました。

今回はメイン会場と商店街がスクラムを組んで開催しました。商店街を歩行者天国にして、そこに日本酒をズラリと並べ、肴は缶詰程度。歩行者天国の中にぎっしり人が集まる中で日本酒でカンパイ!そこで少々の肴と日本酒を堪能していただき、盛り上がったところで商店街加盟の飲食店さんへお客さんが流れて、また日本酒でカンパイ! みんなが幸せになる良いイベントとなりました。
f0141803_19421483.png


最後に・・・。日本シリーズ 真っ只中。

楽天 聖澤 諒 選手の活躍を願っております!! 頑張れ 聖澤!!
[PR]
# by wajowaraku | 2013-10-28 19:49
故郷の酒


「一白水成」25BYの酒造りは10月中旬にスタートしました。

今年も酒造りが出来る喜びを噛み締めながら、

皆様へ心のこもった日本酒をお届けしたいと思っております。



さて、

私の同世代、どんなアルコール飲料をのんでるのか?

はたまたアルコール自体をのんでいるのか?


18歳で高校を卒業し進学するもの、就職するもの、それぞれいると思います。

その地点でアルコールを飲めない年齢で故郷を離れてしまいます。

もしかしたらそのままその地に移住し故郷の酒を知らないままかもしれません。


地元の友人は私がいたからこそ地元に酒蔵あり、

地酒として認識してくれてます。

地酒とはその地の風土、その地の文化を感じ取れる一番のモノだと感じます。

それを私たちはお伝え、感じてもらうために日々努力をしております。


もし、

故郷へ帰る機会がありましたら、

是非その地の食、そして地の酒に触れ合ってみてはどうですか?


もしかしたら、初めて飲む地酒でもホッとするかもしれません。



「0杯を1杯に」




秋田県五城目町 一白水成 渡邉康衛

f0141803_9411041.jpg

[PR]
# by wajowaraku | 2013-10-25 09:42
お酒の輪
埼玉県所沢市に本店があります「雪乃屋こぐれ酒店」の遠藤です。
今回は弊社社長の小暮に代わりブログを担当させていただきます。
拙い文章ですが、少しお付き合いよろしくお願いします。


さて、先週更新のブログから
和醸和楽のテーマである「0杯から1杯」をテーマにブログを更新しておりますが、
私はつい数年前にお酒の業界に入るまでは、
お酒を飲む機会はあまり多くありませんでしたし、
私自身が「お酒をのみたい!」と思うことがほとんどなかったので、
日本酒・焼酎は、なおさら飲む機会はなく、
アルコール度数がきついだけで「日本酒」においしいイメージは
全く持っておりませんでした。

しかし、この業界に携わり数年経ち、
お酒の味わい、造り、食事との合わせ方など
「お酒」をだんだんと知るようになってから、
その都度感じられる「お酒」の奥深さや魅力に驚かされています。

社会に出てからこの業界に入るまでに、
もうすでにいい大人の年齢になっておりましたが、
まさについ最近のこの数年で、
私自身が「0杯から1杯」の日本酒ユーザーとなりました。
魅力に気づいたその後も多くの新たな発見があり、
そのたびに、
日本のお酒なのに、なぜ今まで何も知らなかったんだろうとつくづく思います。

周りに飲む方が少なく
「お酒」の環境にいなかったのが影響していたのだと思いますが、
近年お酒を飲む人口が減っているということは、
私のように触れる機会がほとんどない方も増えるのでしょうね。

ですが、
せっかく携わって感じた「お酒」の良さや驚きを、
そのような方々にも感じてもらえるように、
和醸和楽らしく、
こぐれ酒店らしく、
そして私らしく、もっともっと取り組んでいきたいと思います。


つい先日、お客様、お取引先様、社員でバーベキューに行ってまいりました。

お酒を水のように飲む方も多いですが、
中には日本酒をはじめて飲んでみて、あらたな発見をしたという方もおり、
「0から1」のよいバーベキューになりました!

「お酒」から話題や笑顔が広がり、
お料理も含めて「食」「酒」は
人と人をつなぐ潤滑油のような大事な存在だなあとあらためて感じました。

f0141803_1212353.jpg


ビールやチューハイだけでなく、日本酒も魚や肉にそれぞれピッタリ合うものがありますね!

f0141803_12124884.jpg


f0141803_1215670.jpg




ひたすら飲んで食べて遊んでいたので、
肝心のお酒が写っている写真があまり取れませんでしたが、
いい笑顔は撮れたんじゃないでしょうか

これからもお酒の輪でみんなの笑顔をつないでいきますよ!
[PR]
# by wajowaraku | 2013-10-11 12:38
お客様目線・・
『0杯から1杯』をテーマに、仕事の事、日々の出来事、プライベートな事まで和醸和楽の会員がリレー形式でお届けして参ります。
更新日は毎週金曜日ですのでどうぞお楽しみに!

f0141803_10211390.jpg
1回目は青森県弘前市『酒の柳田』柳田正一が思いついたことをお話します。
 私どもは、手造りの美味しい日本酒をお客様に買って頂くことを生業としています。そんな中、日々の仕事で日本酒に興味のないお客様、買わないお客様が来店されることもけして少なくありません。そんな時感じるのが「我々のセオリー」と「お客様のセオリー」とのギャップです。
例えば
 客「美味しい日本酒をください」
 店「1升瓶と4合瓶のどちらがいいですか?」
 客「1升瓶ってどんな瓶ですか?」
そこなんです。
 今どき1合が180mlで10合が1升なんて事は知らない人がほとんどですし、こちらの説明の仕方が的を得てなかったんですよね。

 有名銘柄、入手困難な銘柄を品揃えすることも確かに必要です。それ以上に「我々のセオリー」なるものをいかに脱却が出来るかが『0杯から1杯』のファンを“くすぐる”ためにもっと必要なのかなあと思ったりしています。
[PR]
# by wajowaraku | 2013-10-04 10:30
ラーラパド×和醸和楽 日本酒クルーズ2013
f0141803_836931.jpg
f0141803_837387.jpg
f0141803_8364364.jpg
f0141803_8373754.jpg
f0141803_8371439.jpg
f0141803_838269.jpg



ラーラパド×和醸和楽の日本酒クルーズが昨日、開催されました。

東京湾を巡るヴァンテアン号で日本酒をお楽しみいただくイベントです。

女性限定で200名。

普段あまり日本酒と接点のないお客様も多かったです。

今後も「0杯から1杯へ」の活動、頑張っていきます!
[PR]
# by wajowaraku | 2013-09-29 08:42
仕事でラスベガスに行ってきました。
先日、仕事でラスベガスに行ってきました。
( 今年唯一の海外出張 )
ラスベガスで4泊
日中は、ラスベガス進出を考えておられるお客様と
色々な店舗見学をして目いっぱい仕事をしてきました。
ラスベガスでも日本酒、評判よかったです、嬉しかった。
夜は、今回のラスベガス出張で楽しみにしていた一つの
毎晩 シルク・ドゥ・ソレイユ 鑑賞の贅沢な四日間を過ごしてきました。


到着翌日( 到着日は、到着時間が遅く、残念ながらショーの手配が出来ず )の鑑賞は
MYSTERE(ミスティア)

ミスティアは、ラスベガスで定期公演されているショーの中で最も歴史が長く、
1993年から続いているロングランショー。
このショーを抜きに今日のシルクの繁栄を語ることはできないと言われているショー。
そんな位置付けにある重要なミスティアも、そろそろマンネリ化が
心配されなくもない時期にさしかかっているが、
常に改良を加えながら進歩している、今でも陳腐化することなく高い人気を誇っています。
 後発のオウや KAがどんなに注目されても、
このミスティアにこそシルクの真髄が凝縮されていると思います。

日本酒の世界でも色々なタイプ・販売・宣伝方法で
新しい銘柄が飛び出してきていますが、以前からしっかりした考え方・コンセプトで
醸して・販売している蔵元は、強い・・・・。
ミスティアの紹介にもあるように
「常に改良を加えながら進歩している」そんな文化は強い。


その次の日は、
KA(カー)

シルク・ドゥ・ソレイユシリーズの中でも、壮大な舞台設備が特徴で
「あっ!」と驚く仕掛けが観客を魅了します。
舞台の中央に登場する、重力に逆らった大きな坂の演技や空中での
パフォーマンスがすごい!
ステージがそっくり空中に浮き上がっちゃいます
素晴らしい表現力と演技に感動!


最終日は、
O(オー)

パリのオペラハウスをイメージしたという 1800人収容の専用シアターは、
従来のラスベガスのスタンダードをはるかに超えるゴージャスな会場。
その会場の最前列ど真ん中の水被りの席で鑑賞。
パフォーマンス自体は、空中ブランコ、アクロバット、シンクロナイズドスイミングなどが中心ですが、
他の一般のショーでも観られるその種の演技とは次元がまるで異なり、
芸術性や完成度が非常に高く感動しました。
マジックでもないのに 「どうしてだろう」 と思わせる不思議な異次元な場面に
にたびたび遭遇するショー、素晴らしい。


シルク・ドゥ・ソレイユの中でも、
特にKA(カー)とO(オー)は、ラスベガスでないと観れないショーと言われているので
その2つとシルク・ドゥ・ソレイユの真髄と言われているミスティア。
仕事でラスベガスに行って、大好きなショーを三回も鑑賞できた幸せな四日間でした。
酒屋してて良かった。 次回は、家族旅行でゆっくりショー観てゆっくりしたい・・・。
あ! ラスベガスに行ったのにカジノするの忘れてた・・・・。

酒のやまもと 報告でした
[PR]
# by wajowaraku | 2012-11-19 17:58
近況報告。
宮城県の齋林本店 齋藤です!活動報告。
飲食店&蔵元交流、そして飲食店さん同志の交流を目的としたガチ討論会!
KISコミュニケーション開催しました。
f0141803_3142765.jpg

毎年恒例となりました!酒米「蔵の華」収穫祭!
f0141803_3191034.jpg

「宮城県の地酒を楽しむ会」宮城の蔵元大集合!!
f0141803_3203644.jpg

「乾坤一を楽しむ会」in仙台
f0141803_3212772.jpg

「伯楽星を楽しむ会」in北海道
f0141803_3371450.jpg

などなど、昨年できなかった約束と活動を行っております。
外に出て飲み手との交流は、新たな日本酒の素晴らしさを知ることが
できる場面でもあります。一人でも多くの方に日本酒の美味さ!楽しさ!を
伝えたい!!さらに強く思う今日この頃です。
[PR]
# by wajowaraku | 2012-11-16 04:28
無題
こんにちは。仙台の阿部八酒店です。季節も急に冬へと加速し始めた感もある
この頃ですが、皆様、体調管理には十分お気お付けください。

さて、いまだ地元ニュースでは震災関連のものが大半を占めており、
それを見るたびに、元に戻るのはまだまだ先だな、と感じる毎日であります。

当店でも店内の3面リーチンの一枚のガラスが蜘蛛の巣状にヒビ割れ、
まだ手つかずのままです。その一面は、在庫置き場と化し、開閉厳禁として
おりますがお客さんは「何が入っているのか?」と気になるようで、
注意書きを無視してパタパタ開閉するお客さんがおられます。
そのたびにガラスが崩壊するのでは、とヒヤヒヤするんです。
一面でも崩壊したら、冷蔵庫の機能を失いますから、
300本位陳列できなくなります。

修繕しようにも同じ製品がないとか、リーチン全体を取り換えと
なれば数百万かかる・・・。それだったらいっそのこと改装しようか・・とも。
などなどいろいろ考えるここ数カ月、そうこうしてる間にも、今日もパタパタ・・・。
年明け早々にも決断しなければ・・・。経過は次回ご報告いたします!

全国の皆様には、様々な形で東北へのご支援いただき、本当にありがとう
ございます。お陰様で少しずつ復興へと前進し始めておりますが、
山のもの、海のものなどの食材がまだまだ大変な状況です。
この辺をもう少しご支援いただけたらと思います。
[PR]
# by wajowaraku | 2012-11-03 18:01
今年もやります
こんにちは
長野県佐久の佐久の花酒造 高橋です。
残暑が続き、信州でも暑い日が続いております。

さて、今年もやります
「カンパイFES]
f0141803_11503245.jpg

といっても知らない人が多いと思います。

この企画は信州で信州の地酒で同じ時間に一斉に乾杯をしよう!
と言うものです。
目標人数は10,000人

明日9月15日19時には長野県のいたるところで日本酒で乾杯していると思います。

f0141803_1157870.jpg

(昨年の様子)

参加したい方は、長野県にお越しいただいて、写真の看板のある飲食店さんにて
ご参加ください。(人数にカウントされますよ)

f0141803_12074.jpg


長野県に来れない方も明日の19時 日本酒で乾杯しましょう!!
[PR]
# by wajowaraku | 2012-09-14 12:06
秋には各地で多くの試飲会が開かれます。

こんにちは。
神奈川県川崎市にある、たけくま酒店の宮川です。


四季どの季節でも、いつでも日本酒は美味しく楽しまれていますが、
秋になるとより業界は盛り上がりを見せ、
各地でも試飲会が多く開かれるようになりますので、一部ご紹介します。

酒販店であるわれわれにとっても勉強の場、発見の場、交流の場であるますが、
一般消費者の皆様にとりましても、
日本酒ファンだけでなく、
大好きなご友人や、恋人、ご家族を酒好きにしてしまえる場でもあります。
身近な方を味方にしてしまえば、
その後のご自分の生活はより楽しくなりますよ♪

f0141803_13533584.jpg


(1)静岡県地酒まつり in Tokyo 2012
http://www.shizuoka-sake.jp/topics/zizakematsuri2012_t.html
・9月2日(日)
・如水会館(東京都千代田区)
・入場料 3,500円(税込)
・定員 700名(立食形式)


(2)第10回 若手の夜明け2012 in 渋谷シダックスホール
http://eplus.jp/sys/T1U89P0101P006001P0050001P002083102P0030001P0006
・9月9日(日)
・渋谷シダックスホール
・第一部(試飲会)、第二部(試飲会)、第三部(蔵元を交えての懇親会)あり


(3)【流通業者限定】金沢・加賀・能登の酒 試飲&商談会in TOKYO
http://www.ishikawa-sake.jp/images/7-6.pdf
・9月19日(水) 
・東京丸の内「丸ビル」ホール


(4)青森の酒 楽しま Night in 池袋
http://www.aomori-sake.or.jp/pg229.html
・10月12日(金)
・ホテルメトロポリタン池袋
・会費¥6,000円 立食パーティー               
・定員300名


様々な地域で大小開催されていますので、
是非お近くの専門酒販店さんで聞いてみて下さい。

[PR]
# by wajowaraku | 2012-08-17 00:01
NY最高のレストランで日本酒
皆さんこんにちは。
岩手県で南部美人を醸しております、五代目の蔵元の久慈浩介です。
今週は私の当番となりましたので、ブログを書かせていただきます。
今回は、NYにオープンした素晴らしいレストランの話題をお知らせします。

日本でも有名な「辻調理師専門学校」さんが、NYのフレンチの名店「ブーレー」と組んでオープンした「ブラッシュストローク」というレストランが、4年近い準備期間を経て、やっとオープンしました。

料理の専門学校が運営するレストランということで、日本でも辻調理師専門学校が運営するレストランは無いのに、NYに初めてオープンしたこのお店は、世界に和食がどんどん広がっていく中で、純粋な和食はこうですよ、という「見本」になるようなレストランということで、世界の中で基準となるべくオープンしたレストランです。

競争の激しいNYの中でも、非常に高いレベルの味と、日本料理の伝統性、そして素晴らしい日本酒を一緒に提供する、最高のレストランになりました。
料理は懐石料理で、コースだけになりますが、辻調理師専門学校から先生が行って料理の指導や、実際の調理をしており、大変レベルの高い店になっています。
ベジタブルコースなども用意しており、世界の中で、どのような形の日本食が正しいのか、示しています。

さらに、その料理に合わせるお酒は、NYに輸出されている日本酒の中でも選りすぐりのもので。和醸和楽のメンバーのお酒もたくさんメニューに入っています。
そのお酒を料理に合わせて提供する酒ソムリエは、ヤン氏と言い、若いながらもNYでNO1ソムリエの称号を得ている方で、日本酒と料理のマリアージュを彼ほど真剣に考えられる人は世界にもいない、と言われています。

また、日本の伝統も大事にし、毎日店の前では「餅つき」のイベントがあり、そのついた餅をデザートに出して来たり、最後はコーヒーではなく、しっかりとその場でたてた「抹茶」を出したり、本当に素晴らしい和の世界をNYで披露しています。

和食は、今や世界中に広がり、しかもカリフォルニアロールを代表に、その国の特性を取り込み、形を変えながら進化をしつつ、浸透しております。
これは現地に「入り込む」ということから考えると、非常に素晴らしいことなのですが、広がりの中で、「では何が正しい和食なのか」を表現するレストランが日本以外にほとんどないことから、料理を教えている辻調理師専門学校が立ち上がり、このようなレストランをNYにつくりました。

非常に素晴らしいレストランですので、ぜひNYに行った際には食べに行って、日本食と日本酒の素晴らしいマリアージュを楽しんできてください。

■ブラッシュストローク
Brushstroke
30 Hudson St., NY,NY10018
電話 212・791・3771
http://brushstrokenyc.com

f0141803_15531393.jpg

[PR]
# by wajowaraku | 2012-08-10 15:53
おまちの日本酒
東京杉並の三ツ矢酒店・鴨志田です。

毎日暑い日が続いております。ロンドンでは日々熱き戦いが繰り広げられております。

先日、東京でも熱いイベントが開催されましたので参加してまいりました。

f0141803_1451283.jpg

f0141803_1452071.jpg


日本酒を醸す酒米「雄町」(おまち)を使用した日本酒が全国から集結しました。

f0141803_1455661.jpg

f0141803_14563870.jpg


私自身、一度にこれだけの数(100種類以上!)の雄町の酒を呑む機会はありませんでした。

同じお米からでも出来上がるお酒の味わいは違うということが、よーく判りました。

そしてもうひとつわかったこと。

それは、、

夏でも日本酒は旨い!!

 
[PR]
# by wajowaraku | 2012-08-03 15:15


オフィシャルサイト
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧